台湾・台北近郊の台湾桃園国際空港に到着した観光客(2011年4月27日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】台湾政府は18日、同国を旅行中だった中国の反汚職活動家と伝えられる男性が政治亡命を申請し、現在申請内容を審査中であることを明らかにした。

 現地メディアや人権団体は、この男性が中国の反汚職活動家、張向忠(Zhang Xiangzhong)氏であることを確認したと発表している。張氏は中国政府高官の資産公開を要求する運動に携わり、過去に中国本土で収監されたこともある。

 張氏は今月12日に観光目的で台湾に入国したが、翌日にはツアー団体と別行動を取っていた。張氏は17日、政治亡命の申請について人権団体の「台湾人権促進会(Taiwan Association for Human Rights)」に支援を求めたという。

 台湾の移民管理当局は張氏の所在を確認していることを認めた上で、張氏に申請審査中の一時滞在先を提供していることを明らかにした。

 台湾の対中政策を管轄する行政院大陸委員会の邱垂正(Chiu Chui-cheng)副主任委員は「判断や結論を下すには申請内容の詳細を明らかにしなければならない」と述べた。

 邱氏によると、中国国民に政治亡命が認められることはないが、台湾政府は「長期滞在」を許可するのに邱氏が適格かどうか検討するという。また張氏が反汚職ネットワーク「新公民運動(New Citizens Movement)」に関わる活動家本人なのかどうか確認も必要だとしている。

 張氏は2014年、クレジットカード不正使用の罪で中国の裁判所から禁錮3年の実刑判決を言い渡され、収監された。
【翻訳編集】AFPBB News