90年代の名残り。

オンラインショッピングの普及に伴い、全米各地にあるショッピングモールは閉店の一途をたどっています。かつては買い物客で賑わいを見せていたモールが、全盛期からは想像できないほど閑散として潰れてしまっているのです。

ビデオグラファーのDan Bellさんが制作する「Dead Malls」シリーズは、そういったショッピングモールの現在の様子をとらえたドキュメンタリー。

各エピソードでは、時代の流れに取り残されてしまった全米各地の郊外にあるショッピングモールの今と、派手で賑やかな90年代の映像とが交互に映し出されます。さらにBellさんの淡々としたコメンタリーが入ることで、なんとも言えない物悲しさが伝わってきます。



最新エピソードでは、とっくの昔に閉店したであろうアディダスの店舗を「アディダスの葬式」、閉鎖が間近に迫ったショッピングモールで営業を続けるチェーン店を「タイタニックのヴァイオリストのよう」と表現するなど、いかに廃れてしまっているかが映像を見ずとも想像できそう…。

2015年から制作している「Dead Malls」シリーズは、現在YouTubeで36本のエピソードを公開中。

廃墟とまではいきませんが、朽ちていくもの特有の魅力が好きな人は見入ってしまうかもしれません。


・切なくも胸に迫る美しさ、世界の廃墟ホテル写真シリーズ
・高速ドローンで廃墟を飛び回る、ドローン視点の迫力映像


image: Dan Bell / YouTube
source: Dead Mall Series - Dan Bell / YouTube

Bryan Menegus - Gizmodo US[原文]
(たもり)