未来感、すごいことになっています。

自身に映像を投影するデバイスを浮遊させる。なんて聞くと、CGアニメーションや近未来SFの世界的な発想ですが、はやくもそんな試みが現実のものになろうとしています。NTTドコモが世界初となる「球体浮遊ドローンディスプレイ」を発表したのです。

宙に浮きつつ、さまざまな映像を表示でき、しかもドローンなのでコントロールもOK。コンサートやライブ会場で空中で動き回る演出や、会場を飛び回って広告を提示するアドバルーンのような活躍が期待されているようです。


docomo 球体浮遊ドローンディスプレイ


ドローンで映像を表示するなんて、一体どんなテクノロジーを?

って気になりますよね。まずドローンディスプレイは、ドローンを中心に、LEDを並べたフレームで囲った構造です。そして飛行しながら、点滅するLEDフレームを高速で回転させることで、光の残像でできた映像を見ることができるというシステム。

類似の手法で言うと…観光地のお土産屋にある、振り子にLEDが付いてて時間が残像表示される時計。みたいな感じでしょうか。意外とアプローチはアナログですが、それをドローンで飛ばすといった発想と、それを可能にした技術力は確かに凄い!

商用化の予定は2018年、2017年4月29日(土曜)から幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議」の「NTT ULTRA FUTURE MUSEUM 2017」に出展され、会場内でのデモ飛行も計画されているので、超会議に赴く人は、宙を見上げてみましょう。

・ヒェッ…HoloLensアプリ「HoleLenz Gate」が高所恐怖症をかき立てる

image: NTTドコモ
source: NTTドコモ

(小暮ひさのり)