各政党候補のポスター=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領の罷免に伴い5月9日に投開票される韓国大統領選で、中央選挙管理委員会は18日、6政党に選挙補助金計421億4000万ウォン(約40億円)を支給したと発表した。

 選管は「共に民主党」(119議席)に約123億5000万ウォン、「自由韓国党」(93議席)に約119億8000万ウォン、「国民の党」(39議席)に約86億6000万ウォン、「正しい政党」(33議席)に約63億4000万ウォン、「正義党」(6議席)に約27億5000万ウォン、「セヌリ党」(1議席)に約3200万ウォンを支給した。
 選挙補助金は政治資金法に基づき、交渉団体(20議席以上)を構成する政党に選挙補助金総額の50%が均等配分される。5席以上、20席未満の政党には総額の5%、5席未満の議席を持ち、一定の条件を満たす政党には総額の2%が支給される。残りの半分は国会議員議席数比率で、半分は国会議員総選挙の得票比率に応じて配分される。
kimchiboxs@yna.co.kr