18日、北朝鮮の核・ミサイル開発をめぐる緊張が高まる中、中国の王毅外相は、「(武力で解決せず)政治・外交的手段による解決が第一の選択肢であることはすべての国の共通認識だ」と述べ、平和的な解決を呼び掛けた。写真は王外相。

写真拡大

2017年4月18日、北朝鮮の核・ミサイル開発をめぐる緊張が高まる中、中国の王毅(ワン・イー)外相は、「(武力で解決せず)政治・外交的手段による解決が第一の選択肢であることはすべての国の共通認識だ」と述べ、平和的な解決を呼び掛けた。露通信社スプートニクの中国語ニュースサイトが伝えた。

王外相は、5月に北京で開催される「一帯一路」国際協力サミットフォーラムの記者会見で北朝鮮情勢に触れ、「米国も政治・外交的手段を使用する意思を強調し、重ねて表明してきたことに、われわれは注目している。これは彼らの第一の選択肢だ。すべての国が政治・外交的手段が第一の選択肢であると考えていると、われわれは認識している」と述べた。(翻訳・編集/柳川)