【ソウル聯合ニュース】韓国教育部は18日、独島に関する教育の強化に向け、年内に世宗市と慶尚北道に独島常設展示館を新設すると発表した。

 同部は、日本の不当な独島領有権主張に対応し、地域社会に独島教育の機会を提供するため、全国17市・道の教育庁(教育委員会に相当)と共に常設展示館の設置を進めてきた。現在、ソウル市をはじめ10市・道で展示館が運営されている。
 李俊植(イ・ジュンシク)社会副首相兼教育部長官は「展示館がまだ設置されていない地域での早期設置を進める」との方針を示した。
hjc@yna.co.kr