FUKI × SHEN

写真拡大

 女性シンガー・FUKIが4曲入りConcept Digital EP『TWO the OCEAN feat. SHEN (Aloha Damashii)』を4月26日にリリースする。本作の表題曲はDef Techとしても活動しているSHENを迎えて制作された柔らかな聴き心地のサーフチューン。聴き手を海へと誘うウクレレの音をバックにSHENとコラボするFUKIの歌声には、リラックスした新たな表情が滲む。ラブソングのイメージが強い彼女が挑んだ極上のライフソング、それはFUKIというアーティストの大きな可能性をあらためて感じさせる仕上がりとなっている。また本作には「サヨナラCOLOR」(SUPER BUTTER DOG)、「アイ」(秦基博)、「100万回の「I Love you」」(Rake)のアコースティックカバーも併録。そこでもこれまでとは違ったナチュラルな歌声を響かせている点にぜひ注目してほしい。そんな新機軸のEPのリリースを記念して、リアルサウンドではFUKIとSHENによる対談を企画。ハッピーなバイブスに包まれたコラボレーションのエピソードについてじっくりと語り合ってもらった。(もりひでゆき)

・「こんなにシンプルに音楽って作っていいんだ」(FUKI)

ーー今回のコラボはどんな想いから実現したものなんでしょうか?

FUKI:私は今までたくさんのラブソングを歌ってきましたが、恋愛ソングだけでなくもっと大きな愛、ライフソングみたいなものを歌っていきたいという想いがずっとあったんです。なので、そういう曲を一緒に作ってくれる人をずっと探していて、今回はスタッフの方がSHENさんを紹介してくれました。で、お話をする場を設けていただいたら、そこで「じゃすぐ作ろうよ」ってSHENさんが言ってくれて。それで今回のコラボが実現しました。

SHEN:ちょっとしたミーティングの予定だったんだけど、「いつやる? 今でしょ!」っていう感じで(笑)。そういう流れをすごく大事にしてるんでね。

FUKI:ほんとにその日にスタジオに入ったんですよ(笑)。

ーーものすごいスピード感(笑)。お互いの印象はどんな感じでしたか?

FUKI:私はDef Techがすごい大好きで、ライブにもめっちゃ通ってたんですよ。

SHEN:過去形だねぇ(笑)。

FUKI:いやいや! 今も大好きでライブには通ってます(笑)。だから、実際にお会いできたことがすごく嬉しくて。しかもビックリするくらいフレンドリーなんですよ。私はけっこう人見知りだからなかなか心がパカッと開かないんですけど、粘り強く話しかけてくれたのでだんだんパーッと開けていって。「あぁいい人や〜」と思って緊張がほぐれていきましたね(笑)。

SHEN:僕は会うまでFUKIちゃんのことは知らなかったんですよ。ただ、そのミーティングの現場にプロデューサーのEIGOもいたので、「あ、このコラボレーションはキタね!」って思った。EIGOとは以前に仕事をしたことがあったからさ。これはもうやるしかない、っていうかやりたいって思ったんだよね。実際、その場で話してるときのみんなのバイブスも超良かった。FUKIちゃんも緊張してるようには見えなかったよ。普通に元気な顔で笑ってたし。今回の曲自体、それがテーマのひとつでもあるしね。「いっぱい笑おうよ」っていう。

FUKI:うんうん、そうですね。

ーーで、会ったその日にスタジオで制作をスタートさせたと。

FUKI:そうですね。すぐにサビだけできちゃいました(笑)。

SHEN:うん。気楽な雰囲気で3時間くらいのセッションをやっていく中で、サビはその日に作った。で、それ以降も同じようなセッションを何回かやったんだよね。人の集中力ってだいたい1、2時間でピークがきて、3時間超えるとぐるぐる迷う感じになっちゃうから、スタジオに入る時間はなるべく短くっていうスタイルで。

ーースタジオでは何をとっかかりにセッションしていったんでしょう?

FUKI:SHENさんはウクレレをいつも持っていて、ずーっと弾いてくれるんです。ウクレレに合わせてビートを打ち込んで、鼻歌でメロディを乗せていく流れでしたね。ビートとウクレレをループさせながらみんなでアイデアを出し合い、それに対して「いいじゃん、いいじゃん!」みたいな感じで。私は今までどっちかっていうと1人で黙々と曲作りをするタイプだったので、そういう作り方は初めての経験で。だから勉強になったし、すごく楽しかったですね。もちろん難しさもありましたけど。

SHEN:そう? 何が難しかった?

FUKI:今までは自分の中で完成するまで誰にも聴かせたくないって思ってたから、アイデアの段階でそれを大勢の前で言って共有することがちょっと難しいというか、恥ずかしい感じがしたんですよね。でもその作業はすごく新鮮だったし、何よりも「音楽してる!」っていう感覚が今まで以上に強かった気がします。

SHEN:なら良かった(笑)! 今回はFUKIのプロジェクトだから僕の存在感を曲に入れすぎるのはどうかなと思っていたんだけど、最初の段階でFUKIちゃんが「海の曲を作りたい」って言っていたので、じゃバッチリじゃんっていう感じだったんですよ。

ーーSHENさんにとってお得意なところだと。

SHEN:そう。だから僕は頭を空っぽにして何も考えず、みんなの意見を聞いた上でポロッと出てきたものをウクレレで弾くことでコードやキー、テンポを決めていったんですよね。歌詞のテーマに関しても、FUKIちゃんに「どんな感じがいい?」って聞いたら、「海に行きたいです」って言ってたから、じゃそれにしよう!ってことになって。

FUKI:そうでしたね。で、<Let me take you to the ocean>っていう最初のフレーズが出てきて。

SHEN:そのまんまだけどね(笑)。でも今回はその瞬間に出てきたものをとにかく大事にしたかったんだ。

FUKI:SHENさんはまず私に対して何か質問をしてくれて、そこで答えたものを「いいじゃん!」ってどんどん拾い上げてくれるんですよね。私の中では、「海に行きたい」っていう気持ちがそのまま歌詞になるなんて思ってもみなかったというか。 こんなにシンプルに音楽って作っているんだ、作っていいんだっていう発見が改めてありました。だから今回はとにかくSHENさんのポジティブな波に身を任せていく感じでした。普段は暗闇で1人で書いてるからどっぷり悩んでしまうこともあるんだけど、今回はそういう感じにはならなかったですね。とにかく楽しかった。

SHEN:いい歌詞になったよね。

FUKI:うん。忙しい毎日で心が疲れちゃってるかもしれないけど、そんなことは忘れて海に行こうよっていうお気楽な歌詞ですね。これを聴いたみなさんがそういう気分になってくれたら嬉しいなと思いながら作りました。

ーー英語の部分はSHENさん、日本語はFUKIさんという分担ですか?

FUKI:基本的にはそうですね。SHENさんが英語でいろんなフレーズを出してくれるので、それを和訳して私なりの言葉を当てはめていったりとか。

SHEN:僕は日本のネイティブではないので、響きのいい日本語を選ぶことが難しいんですよ。だからそこはFUKIちゃんのセンスにまかせて。<海までいこうよ 何も持たず>ってとことはいいよね。「え、サーフボード持って行かないの?」みたいな(笑)。

FUKI:あははは。

SHEN:いやでもそれでいいんだよね。別にサーフィンしなくていいんだよ、海に行くこと、自然と繋がることが大事だからっていう。スタジオの中でもウクレレの音が海の雰囲気を感じさせてくれてたしね。ウクレレという楽器の強みはそこだと思う。

FUKI:ほんとにずっと弾いてくれてましたからね。あと、波の音を流しながら作業したりもしてました。

SHEN:やってたね! あの波の音はEIGOが自分で録ってきたっていう、僕の地元のハワイのビーチのものらしくて。

FUKI:曲の頭に使われてる波の音がそれです。あの音が入ることでより雰囲気が良くなりましたね。

ーー大サビの歌詞はFUKIさんっぽいテイストだなと思いました。全体的に大きなテーマを描いた曲ですけど、そのパートでは具体的にリアルな情景を描いていて。それによって聴き手との距離感がグッと縮まっている印象があります。

FUKI:ちょっとドラマチックなパートですよね。海にいる女の子をイメージしたときにその歌詞がパッと思い浮かんで。私はUAさんの「スカートの砂」という曲が昔から好きなので、そこから<砂の記憶><スカートの裾>ってフレーズが出てきました。おっしゃっていただいたように、大きなテーマの曲の中でみんなに近づける言葉も入れたいなと思って書いたところもあったと思いますね。

SHEN:彼女のエネルギーと意識とバイブスが出てる歌詞は信用しています。あんまりこういうこと言わないんだけど、FUKIちゃんの歌詞は絶対間違ってない、必然のものだなって思いますね。

FUKI:わ、ありがとうございます。

・「エネルギーがいい形で回ってた」(SHEN)

ーーレコーディングに関してはいかがでしたか?

SHEN:一言で!

FUKI:え? あ、楽しかったです!

SHEN:Yeah! 楽しかったよね、うん。

FUKI:特に頑張らなきゃみたいな感じもなく、普段通りにやれたというか……あんまり覚えてないかも。それだけ自然な気持ちで歌えたってことなんだと思います。

ーーすごくナチュラルな歌声が響いていますもんね。

FUKI:そうですね。ほんとに力を入れず、ラクに歌えたと思います。リラックスできたのはどうしてなんでしょうね。曲的なものなのか、SHENさんと制作していく中でいいバイブスをたっぷりもらってたからなのか。どっちもかな。

SHEN:曲自体、ゆったりしたバイブスを持ってるからね。僕は今までのキャリアで言うと、ラップをしてみんなの気持ちを上げさせることを最重要だと思っていたんですよ。でも2年くらい前からウクレレを持ったことで、歌い方もゆったりしたものに変わってきた。スピーチ・レベル・シンギング、SLSっていう超小さな声で歌う歌唱法があって、そのトレーニングをしているおかげで声がどんどん変わってきてるんだよね。で、今回みたいなゆっくりな曲のときは特にそういう歌い方のほうが伝わるから、FUKIちゃんにもそれは伝えて。もっと声を小さく、気楽な感じでいいよって。俺もそうだけど、アーティストはスタジオに入ると頑張っちゃうからね(笑)。

FUKI:あぁ、そうでしたね。最初はいつものように頑張って歌っちゃってたんだけど、SHENさんのアドバイスのおかげで力を抜いて歌えるようになったんです。「え、こんなに声が小さくていいのかな?」って最初は思ったけど、録ったのを聴いてみると「あ、もっと弱くてもいいんだな」って思ったし。おもしろかったですね。

ーーたっぷり盛り込まれたコーラスも、この曲が持っているあたたかな空気感を増幅させていますよね。

FUKI:コーラスはもう頭で考えるのではなく、サウンドを聴きながらポロッと出てきた鼻歌を、「それいいね。入れちゃおう!」みたいな感じでしたね。難しいことは考えず、気持ちよく聞こえればいいかなっていう気楽な感じで(笑)。

SHEN:現場はほんとにいい雰囲気だったからね。俺とFUKIちゃんに加えて、EIGOがいたのも良かったと思う。3人いることでエネルギーがいい形で回ってたから。みんなが心を動かして、楽しみながら自分のセンスをどんどん発揮していたと思うな。今回の経験で意識が変わると、レコーディングにしても、ライブパフォーマンスにしてもFUKIちゃんは将来的にすごく成長していくんじゃないかな。彼女はね、俺がどんなアドバイスしても嫌がらないで受け止めてくれるんですよ。その上で自分の意見をちゃんと言えるアーティスト性もある。学ぼうという気持ちも強いしね。可能性がすごいと思いますよ。すごくいいよ!

FUKI:あははは。嬉しい、ありがとうございます。私は歌に関しても、曲に関してもけっこう悩んでいたところがあったんですけど、今回SHENさんと一緒に制作をして、いろんなお話を聞いたことで、自分の中に新しい風が吹いてきた感じがとてもしましたね。

ーーどんなことで悩んでいたんですか?

FUKI:例えば歌い方に関して言うと、私はけっこうパーンと強く力歌うタイプなんですけど、年齢を重ねるごとに、もうちょっと違う歌い方をしてみたい気持ちが強くなっていて。でも、私のいいところはそういう歌い方にあるとも思うので、どうしたらいいのかなとか。あと最初に言いましたけど、ラブソングの印象が強いせいで“FUKI= 恋愛の人”みたいになっている今の状況も自分なりに変えたかったですし。そういった悩みが今回のコラボで晴れたところがすごくありました。

SHEN:考え方も音楽もシンプルでいいんだからね。そういう気持ちでいれば大丈夫。

FUKI:うん。“余計なものはいらないよ”“Less is more(より少ないことは、より 豊かなこと)”っていうのも今回のテーマでしたもんね。

SHEN:そうそう。アーティストはよく7th、9th、11thとか難しいコードを使ってジャズの世界にいっちゃったりするんだけど、歌いやすくて覚えやすいシンプルなコードで全然いいんだよ。その中でおもしろい部分をちゃんと見せることができればね。歌詞だってそう。Def Techはハンパないくらい歌詞の量が多いけど(笑)、あれはラップだし、伝えたいことがあるからしょうがない。でも自分が最近作る曲に関しては、 歌詞の少ないハワイの曲を意識して、なるべく言葉を減らすようにはしているんだよね。

FUKI:私もけっこう言葉を詰め込む系の曲が多いので、今回はあえて抜いて抜いて、メロディを大きく取るようにっていう挑戦はしましたね。今回のいい経験を今後の曲どんどんに生かしていきたいと思います。

・「新たな一面を感じてもらえれば」(FUKI)

ーーちなみに「TWO the OCEAN」というタイトルにはどんな意味が込められているのでしょうか?

SHEN:不思議なスペルだよね(笑)。

FUKI:最初は歌詞にもなっている普通の“to the ocean”だったんですよ。

SHEN:そう。でも、それだとちょっと普通すぎるかなと思ったから、もう少し目立つようにしたかったんだよね。“目立とぅ”ように。“目立to”ように。

FUKI:あははは。ヤバい(笑)。

SHEN:そういう言葉遊びが昔から好きなんだよね。だから他にも“to the O-SHEN” とか“to da ocean”とかいろいろ考えたんだけど、まぁ今回はFUKIちゃんと2人でやったから“TWO”にするのが一番キレイかなって。文法的にはおかしいけど、そのおかしさがいいでしょ?

ーーはい。パッと見で引っかかりますからね。で、今回配信されるEPには、SUPER BUTTER DOGの「サヨナラCOLOR」、秦基博の「アイ」、Rakeの「100万回の「I Love you」」という3つのカバー曲も収録されています。

FUKI:はい。どれも大好きな曲なので心を込めて歌いました。特に「サヨナラCOLOR」は10代の頃によくライブで歌っていた曲で、「いつか音源でもカバーしたい!」と思っていたので、10年越しに実現できたことがすごく嬉しいです。

ーーカバー曲はどれもアコースティックなサウンドになっています。それは「TWO the OCEAN」の雰囲気に合わせて、EPとしての統一感を出すためですか?

FUKI:そうです。しかも、カバーは「TWO the OCEAN」の制作後にレコーディングしたので、そこで得たことをしっかり反映できた歌になっていると思います。今までとはまったく違う歌い方を意識したので、私の新たな一面を感じてもらえればなと思います。

ーーそして6月には今回と同様に、男性シンガーを招いたオリジナル楽曲にカバー曲を加えたConcept Digital EP第2弾の配信が予定されているそうですね。

FUKI:制作はまだこれからですが、今回自分にとって大きな自信になる経験ができたので、それを生かしながらまた新たなFUKIを取り入れた作品に仕上げられたらなと思っています。「TWO the OCEAN」も含めて、今まで以上に幅広い方々に聴いていただける機会にもなると思うので、今からすごく楽しみです。

SHEN:「TWO the OCEAN」がみんなの今年の夏のテーマ曲になったらいいよね。海の日のタイアップ取ってもらおうか(笑)。

FUKI:あははは。海で聴いてもらったら絶対ハマる曲ですからね。

SHEN:じゃ海で一緒にライブやろうよ。そしたら仕事として海に行けちゃうからさ (笑)。

FUKI:ですよね。ぜひやりたいです!

(取材・文=もりひでゆき)