イ・ヨンエ、低所得層の妊婦のために1億5000万ウォンを寄付“温かい善行”

写真拡大

女優イ・ヨンエの善行が伝えられた。

18日、ソウル第一病院側は「イ・ヨンエが先月5000万ウォン(約500万円) を含み、今までに合計1億5000万ウォン(約1500万円) を低所得層の妊婦さんのために使ってくださいと喜んで寄付した」と明らかにした。イ・ヨンエの寄付金は低所得層、疎外階層、国際結婚家庭の妊婦と未婚の母、そしてその人たちの赤ん坊などのために使われる。

イ・ヨンエは2011年2月に男の子と女の子の二卵性双生児を出産した後、妊婦を助けることに関心を傾けてきた。

その他にもイ・ヨンエは最近、江陵(カンヌン) 牙山(アサン) 病院と江原道(カンウォンド) の低所得層の患者のために、それぞれ1億ウォン(約1000万円) と1億5000万ウォン(約1500万円) を寄付したことがある。