クォン・サンウ「推理の女王」スチールカットが公開…縛られたまま拉致される“危機的状況”に関心集中

写真拡大

クォン・サンウが突然拉致された。

KBS 2TV「推理の女王」のハードボイルド熱血刑事クォン・サンウが両手を縛られ拉致された写真が公開された。

過去の放送で、チェ・ガンヒ(ユ・ソルオク) との共助捜査で殺人犯を捕まえたが、真犯人かどうかをめぐり激しく気を張り合っていたクォン・サンウ(ハ・ワンスン) が、頭に袋を被せられ両手を縛られたまま拉致された様子が公開され、クォン・サンウに何が起こったのか関心を誘っている。

公開された写真でクォン・サンウは、頭に袋を被せられ床に転がっている。袋を取って顔が出た他の写真の中の表情は、戸惑いが感じられたり、暗い顔色に深く物思いにふける姿も見ることができる。

予期せぬクォン・サンウの拉致は、捜査中の殺人事件と関連しているのか、それとも恨みを持つ他の人物の仕業なのか謎が深まる中、深刻な危機に陥ったことだけは明らかであり、先行きが危ぶまれる。

制作陣は「今週の放送では、思いもよらない反転と驚きの殺人事件の顛末が明らかになり、衝撃的な結論に到達する」と放送への期待を高め、「またクォン・サンウの全く予想できなかった拉致の理由が明らかになる」と伝えた。

「推理の女王」第5話は19日午後10時に韓国で放送される。