韓国ドラマには豪邸やおしゃれなマンションがよく出てくると感じる中国人は多いようで、登場人物のおしゃれな生活にあこがれる人も少なくない。しかし、中国メディアの今日頭条が15日付で掲載した記事は、韓国を訪れた中国人旅行客の見解として「真実の韓国はドラマに出てくる韓国とは全然違っていた」と伝えている。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 韓国ドラマには豪邸やおしゃれなマンションがよく出てくると感じる中国人は多いようで、登場人物のおしゃれな生活にあこがれる人も少なくない。しかし、中国メディアの今日頭条が15日付で掲載した記事は、韓国を訪れた中国人旅行客の見解として「真実の韓国はドラマに出てくる韓国とは全然違っていた」と伝えている。

 記事は韓国について「ドラマと美容整形で知られた国」であるとし、また韓国ドラマに登場する人はみなきちんとした服装をしていると紹介したが、韓国のある路地の写真には、取り立てておしゃれとは言えない普通の服装をした人が、際立って魅力的とは言えない普通の店の路地で食事をしている風景が映し出されている。

 また、小型トラックで野菜を販売している様子が映し出された写真を掲載したほか、夜の路地で簡易テーブルを囲んで路上で食事をしている人びとの写真も掲載。ある意味で、中国国内でも普通に見られる光景の数々だが、韓国ドラマの内容を信じ込んでしまっていたのか、記事は結論の部分で韓流ドラマが物事の真の姿を描くとは限らないという見方を示した。

 日本人ならばドラマに登場する人物や街、風景はあくまでもドラマ仕様であり、あくまでも現実とは違うドラマの中の世界であることを知っている。だが、韓流ドラマがヒットした中国では、「韓国が外国」であるためか、韓流ドラマに出てくる人物や街が「ドラマ仕様」ではなく、真実の韓国を描いていると誤認してしまったのかもしれない。また、路地に簡易テーブルを出して食事をする光景は中国でも見られる光景だが、こうした共通点も「真実の韓国はドラマに出てくる韓国とは全然違っていた」と感じさせた要因かもしれない。

 この記事に対して、中国ネットユーザーたちは「韓国の大部分の都市は中国の都市より小さく、都市化も中国の方が進んでいる」、「ドラマの内容なんて信じちゃダメだ。それは中国のドラマを見ればよく分かるだろ」、「自分が北京を訪れた時も、ドラマの舞台だった北京との落差にがっかりした」などのコメントを寄せている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)