17日、米映画「ワイルド・スピード ICE BREAK」が初週末の世界興行収入の最高記録を樹立。中国では3日間で13億元(約210億円)超えと驚異的な数字を出している。

写真拡大

2017年4月17日、米映画「ワイルド・スピード ICE BREAK」が初週末の世界興行収入の最高記録を樹立。中国では3日間で13億元(約210億円)超えと驚異的な数字を出している。鳳凰網が伝えた。

【その他の写真】

人気シリーズ第8弾となる「ワイルド・スピード ICE BREAK」が14日、米国や中国などで一斉に封切られた。米メディアの報道によると、初週末の世界興行収入は5億3200万ドル(約580億円)を記録。これまで最高だった「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(2015年)の5億2900万ドル(約577億円)を上回り、史上最高記録を塗り替えている。

中国では、15年公開の前作「ワイルド・スピード SKY MISSION」が大ヒット。中国映画市場における歴代興収ランキングで、ハリウッド映画ではトップの3位となっている。

前作のヒットに続き、熱い注目を集める「ワイルド・スピード ICE BREAK」も、驚異的なスピードで数字を伸ばしている。16日23時現在、中国での興収は13億元(約210億円)を突破し、公開初日記録、1日当たりの興収記録、初週末の興収記録を、いずれも塗り替えている。(翻訳・編集/Mathilda)