<オーバーブッキングのユナイテッド航空機で起きた乗客引きずり出し事件で明らかになった客に対する傲慢さ。だが、航空業界ではこのぐらい日常茶飯事>

鼻は骨折して血まみれ、歯は2本折れて脳震盪を起こした客の様子を映した動画が拡散――4月10日、飛行機から乗客のデイビッド・ダオを引きずり降ろした米ユナイテッド航空は、世界最低の航空会社として知られるようになってしまった。

【参考記事】オーバーブッキングのユナイテッド航空機、乗客引きずり出しの一部始終

同社は謝罪文を発表し、今後は搭乗済みの乗客は降ろさないと約束した。ところが4月15日、ユナイテッド航空を利用した婚約中のカップルが、力ずくではないにせよ、飛行機から降ろされたことがわかった。テキサス州ヒューストンからコスタリカに飛び結婚式を挙げようとしていたこのカップルが降ろされた理由は、自分たちが購入した座席よりグレードの高い座席に座っていたから。

【参考記事】ユナイテッド航空「炎上」、その後わかった5つのこと

「機はガラガラだったのに」

カップルによれば、その便は半分ほどしか席が埋まっておらず、割り当てられていた席に戻ろうとしたのに飛行機を降りるように言われたという(ユナイテッド航空側は、カップルがクルーの指示に従わず何度もいい座席に座ろうとしたと言っている)。

こうした出来事が重なった結果、ユナイテッド航空の評判は地に落ち、嘲笑を浴びている。だが、最低の航空会社はユナイテッド航空だけではない。ぞっとするエピソードを紹介しよう。

■ジェットエアウェイズ

航空会社を選ぶ時に、必要最低限の設備として、空調を考慮することはあまりない。当然ついているものだからだ。

しかし、4月14日にインドのムンバイから中部ボパールに向かったジェットエアウェイズの場合は別だった。空調が故障し、一部から窒息するという抗議が出たため、出発直前になって離陸を中止せざるをえなくなった。ジェットエアウェイズは、ムンバイを拠点とするインドで2番目に大きい航空会社だ。

■スパイスジェット

インドの大手航空会社の1つ、スパイスジェットは4月16日、多くの乗客を震え上がらせた。着陸時に、パイロットが何の予告もなくタッチダウン直前で着陸を断念して再浮上したのだ。2回目で無事に着陸したものの、大きな揺れを感じた。機長からも他のクルーからも、何があったのか説明はなかった。

グレッグ・プライス