【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は18日の定例会見で、来韓していたペンス米副大統領がソウルでの演説で韓米自由貿易協定(FTA)の見直しを明言したことについて、「必ずしも再交渉と解釈する必要はないと考える」と述べた。

 趙氏は、ペンス氏の発言は今すぐに措置を取るという意味ではないはずだとし、「米政府の検討後の措置について現時点で予断する必要はないだろう」と述べた。また、ペンス氏が演説で述べた通り韓米FTAは相互に利益のあるもので、「米国は最近公表した貿易障壁報告書でも韓米FTAを肯定的に評価している」と説明した。
 ペンス氏はこの日午前、在韓米国商工会議所(AMCHAM)主催行事で演説し、「トランプ政権は韓国とのFTAの再検討および改定を推進する」と述べた。演説を最後に韓国での3日間の日程を終え、日本へ向かった。
tnak51@yna.co.kr