SUPER JUNIOR イェソン、入隊控えたキュヒョンとのエピソード明かす

写真拡大

SUPER JUNIORのイェソンが入隊を控えているSUPER JUNIORのキュヒョンが快くフィーチャリングをしてくれたと話した。

イェソンは18日に放送されたMBC FM4U「正午の希望曲、キム・シニョンです」で新しいソロアルバムと関連した話を交わした。

この日イェソンはフィーチャリングに参加した同じグループのメンバーキュヒョンについて言及し「キュヒョンが入隊を控えている。2年間一緒にすることができないと思って一緒にしたいと言ったが、キュヒョンだけのスタイルで快く受け入れた」と話した。

そして“SUPER JUNIORのスタイル”は何かという質問には「キュヒョンが『これ、兄さんが一人で歌うため作った楽曲じゃないか? 僕のスタイルじゃない。でも、兄さんを助けてあげたい』と病気を与えて薬を与えるタイプだ。これがSUPER JUNIORのスタイルだ」と答えた。

普段から茶目っ気あふれるメンバーたちは、イェソンの広報映像を撮るときも“SUPER JUNIORスタイル”でサポートしてくれたという。イェソンは「昨日も広報映像を一緒に撮っていたが、ヒチョル兄さんの場合は『明日イェソンの新曲が出るが、同じ時間に僕が撮ったあるゲームが出てくる』とずっと話し、キュヒョンはパジョン(ネギのチヂミ) が食べたいと言ったし、イトゥクは傘だけ持って歩いていた」と付け加え、笑いを誘った。