「プロデュース101」シーズン2、練習生の登場シーンに偏り?議論について制作陣がコメント

写真拡大

「プロデュース101」が出演分についてコメントした。

Mnet「プロデュース101」は、それこそ細かいことまで全て話題になる、放送業界最高のイシューメーカーとなっている。101人の参加者たちが、国民のボーイズグループへの合流に挑戦しているだけに、101人の一挙手一投足が話題を集めている。

最近一番議論を巻き起こしたのは、101人の練習生の登場シーンだ。視聴者たちは一部の参加者にシーンが集中しているとし、出演シーンを指摘している。特に、初放送の時にほとんど顔を出さなかった参加者たちは、全てランキング下位になっていて、キム・サムエル、オン・ソンウ、チャン・ムンボク、ライグァン・リン、アン・ヒョンソプ、JR(キム・ジョンヒョン)、ファン・ミンヒョンなど、初放送から出番が多かった参加者たちがランキングの上位に上がり、登場シーンをめぐる議論が巻き起こった。

これに対して、「プロデュース101」の関係者は本日(18日)、OSENとの取材で「練習生は多く、放送時間は決まっている。そのため、全員を放送に登場させるのは難しいのが事実だ。放送で披露できなかった部分はオンライン公開を通じて、引き続き披露していく予定だ」と説明した。

制作陣も、101人の練習生たちの放送分をなるべく均等に確保できるように努力しているという。関係者は「制作陣もできることなら、放送ごとに101人全員を盛り込みたい。なるべくたくさん披露できるように、制作陣も全力を尽くしている。そのような部分をぜひ知っていただきたい」と伝えた。