【ソウル聯合ニュース】北朝鮮のキム・インリョン国連次席大使は17日(米東部時間)、国連本部で記者会見し、「米国が北朝鮮に対する敵視政策を撤回することが、朝鮮半島のあらゆる問題を解決する前提条件だ」と述べた。
 国連ホームページに掲載されたキム氏の会見映像によると、同氏はその席で、朝鮮半島の非核化と米朝の平和協定締結に向けた交渉を並行して進めるという中国の提案に対し、「(米朝間に)信頼がない現状では互いに制約になるだけ」「過去の交渉でも失敗したやり方」などとして反対の立場を明確にした。その上で、「われわれの核保有国の地位は米国の敵視政策の産物であるため、(核問題は)交渉のテーブルに載せる問題ではない」と主張した。
tnak51@yna.co.kr