写真提供:マイナビニュース

写真拡大

富士通とグリッドは、富士通のAI技術「Human Centric AI Zinrai(ジンライ)」(以下、Zinrai)と、グリッドの機械学習/深層学習フレームワーク「ReNom(リノーム)」を組み合わせたAIサービスの共同開発に向けて協業すると発表した。

「ReNom」は、深層学習アルゴリズムや最適化アルゴリズム、生成モデルなどのアルゴリズムをライブラリー(機能部品群)として備えた、AI開発のためのフレームワーク。

両社は今回の合意に基づき、顧客のAIを活用したシステムの構築における「ReNom」の活用を開始。さらに、富士通の「Zinrai」と「ReNom」を組み合わせた新たなサービスを共同開発し、クラウドサービスとオンプレミスで提供する「Zinraiプラットフォームサービス」の一部として富士通が提供していく。

また、本協業による相互のビジネス拡大を目指し、商談の共同推進やAIに関する知見、ノウハウの共有に向けた積極的な人材交流を検討していくという。

(丸山篤)