写真提供:マイナビニュース

写真拡大

D2Cは4月17日、サイバー・コミュニケーションズ(以下、CCI)と共同で、2016年1月〜12月のインターネット広告市場におけるデバイス別広告費、広告種別広告費、動画広告費の調査を実施しその結果を公表した。

同調査は、媒体社を対象とした調査に加え、電通が2017年2月に発表した「2016年 日本の広告費」をもとに集計したものとなる。

これによると、2016年のインターネット広告媒体費は1兆378億円で、その内スマートフォン広告費は6476億円(62%)、PC広告費は3902億円(38%)となり、スマートフォン広告費が初めて6割を超えた。

2016年と2015年で比較してみると、2016年はスマートフォン広告費が前年比130%、PC広告費が前年比93%となった。

また、スマートフォン広告費とPC広告費の2017年の市場規模は、スマートフォン広告費は8010億円で前年比124%、PC広告費は3579億円で前年比92%と予測。スマートフォン広告費は引き続き高い成長率を示し、PC広告費は減少傾向にあると考えられる。この結果、スマートフォン広告費はインターネット広告媒体費の69%に達すると予測される。

次に、動画広告の市場規模に関して推計を行った。

2016年の動画広告費は869億円となり、インターネット広告媒体費全体の8.4%を占めている。また、2017年の動画広告費は1224億円となると予測され、前年比141%と、引き続き高い成長率を示すと推計された。

(小松原綾)