© 2017 John Gabelmann 以下、同じ

いま話題になっているTwitter風サービス『Mastodon(マストドン)』のクライアントアプリ『Amaroq for Mastodon』を紹介します。

MastodonとはTwitterのようなサービスを個人や企業などが個別に運営できるSNSで、Amaroqはその個別のMastodonにログインしてTwitterと同じように楽しめます。

インスタンスを指定してログイン

まずは利用しているMastodonのインスタンスを入力してログインしましょう。デフォルトでは「mastodon.social」が指定されています。
日本だと「mstdn.jp」や「pawoo.net」が人気です。


インスタンス指定後、アカウントにログインします。アカウントを持っていない人は下部の【登録する】からアカウントの登録ができます。
ログインするとホーム画面に自分がフォローしている人のトゥート(Twitterのツイート)がタイムラインとして表示されます。まんまTwitterです。


【Local(ローカル)】タブではログインしているインスタンスに参加している全員のトゥートが、【Federated(連合)】では世界中のMastodonユーザーのトゥートが見られます。
ブラウザだと高速で流れていくため追えませんが、アプリだとじっくりチェックできます。


トゥートは個別にSafariで開いたりリンクをシェアしたりできます。また、アイコンをタップするとその人をフォローしたりミュート・ブロックしたりもできます。


もちろんアプリからトゥートできます。トゥート画面の「Hide text behind warning」をオンにすると、ネタバレ部分などを隠せるようになります。


また、写真を追加すると「Mark media as sensitive」の項目が現れます。これは「職場では見てはいけない系の写真」を隠したいときにオンにしましょう。


メディアを隠したときは灰色のマスクがかかり見えなくなります。「Hold to show」部分を長押しすると、マスクが外れて写真をチェックできます。


iPhoneでブラウザではなくアプリからMastodonを楽しみたい人はAmaroqを使いましょう!