【世宗聯合ニュース】韓国の政府系シンクタンク、韓国開発研究院(KDI)が18日に経済見通しを発表し、今年の国内総生産(GDP)成長率の見通しを2.6%に上方修正した。昨年12月時点の見通しから0.2ポイントの引き上げとなる。輸出と投資の改善ペースが予想より早いためだが、本格的な景気回復と判断するにはまだ早いとした。
 KDIの見通しは韓国銀行(中央銀行)、国際通貨基金(IMF)と同じで、韓国の主要シンクタンク、韓国経済研究院(2.5%)と現代経済研究院(2.3%)、LG経済研究院(2.2%)より高い。
 KDIは輸出と投資が最近の韓国経済の回復傾向をけん引しているとの見方を示した。
 今年の総輸出(輸出量ベース)は前年比4.0%、中でも商品輸出は4.9%、それぞれ増加すると予想した。昨年末の総輸出1.9%増、商品輸出1.5%増の見通しに比べ、伸び率が大きく上昇した。また、総輸入を3.4%増から5.5%増に、商品輸入も2.2%増から6.2%増に上げた。
 今年の建設投資は6.4%増、設備投資は4.3%増を見込む。やはり昨年末の見通しから上方修正された。
 KDIはこのように輸出と投資の伸びに勢いが見えるとする一方で、民間消費の鈍化が経済回復の足を引っ張るとみている。
 総消費の増加率見通しは2.2%で、昨年末の見通しから0.1ポイント引き下げた。民間消費の増加率見通しは2.0%で変動がない。
 KDI側は輸出量が大幅に増え、投資全般が上向いているとして、「民間消費が下がっても成長率は上方修正が可能と判断した」と説明した。その一方で、「景気が急速に減速する可能性が下がったというだけで、景気が一気に上向く流れではない」と、安易な期待を警戒した。
 今年の経常収支については、原油を中心に輸入価格が上がり、黒字幅が昨年の987億ドル(約10兆7500億円)から894億ドル程度に減少すると予想した。
 消費者物価上昇率の見通しは、原油の値上がりなどを踏まえ、1.3%から1.8%に引き上げた。
 失業率は3.8%で、昨年に比べ0.1ポイント悪化するとみている。
 来年の経済成長率については2.5%と予測した。昨年の2.8%から今年2.6%に下がり、来年も小幅鈍化と、2%台半ばで停滞が続くことになる。
mgk1202@yna.co.kr