アメリカ・オハイオ州クリーブランド在住の男が、アルミ缶を回収していた男性を呼び止め射殺し、撮影した一部始終をFacebookに投稿するという衝撃的な事件が発生しました。動画は非公開になるまでに160万回再生されました。記事掲載時点で犯人は未だに捕まっておらず、警察当局が犯人逮捕につながる情報に対して5万ドル(約545万円)の報奨金をかけています。

AGGRAVATED MURDER WARRANT ISSUED FOR STEVE STEPHENS, BM 37 | Cleveland Division of Police

https://clevelandpolice.wordpress.com/2017/04/17/aggravated-murder-warrant-issued-for-steve-stephens-bm-37/

Facebook video of elderly man being murdered gets over 1.6 million views | Ars Technica

https://arstechnica.com/tech-policy/2017/04/facebook-video-of-elderly-man-being-murdered-gets-over-1-6-million-views/

The Latest: Vigil held for Facebook video shooting victim - The Washington Post

https://www.washingtonpost.com/national/the-latest-facebook-releases-statement-condemning-killing/2017/04/16/d16900bc-2301-11e7-928e-3624539060e8_story.html

動画が投稿されたのは現地時間4月17日、イースターの午後のこと。スティーブ・スティーブンス容疑者が「今から誰か殺す人を探す」と言いつつ、周囲を撮影しています。



容疑者の目にとまったのは、アルミ缶の回収をしていた74歳の男性。スティーブンス容疑者は被害者の男性に突如として女性の名前を告げ、「今からお前に起こることの理由になる女だ」と話し、銃を顔に突きつけました。男性は「私は何も知らない」と両手を上げています。ワシントンポストに掲載された映像にはここから先は映っていませんが、このあと容疑者は男性を射殺しました。



スティーブンス容疑者が挙げたのは以前交際していた女性の名前で、2人の間でいざこざがあり、その影響で犯行に及んだものとみられています。女性は容疑者に狙われる恐れがあるとして警察に保護されていますが、容疑者について「誰にでも寛大で、彼女に対しては親切で愛情のある、とても素敵な男性だった」と語っています。

スティーブンス容疑者が公開した動画は非公開になるまでの間に160万回再生されました。なお、容疑者の行方を警察が追っており、指名手配もされていますが、記事掲載時点ではまだ所在も不明だとのこと。警察は有力情報に5万ドルの報奨金をかけていますが、もし容疑者を見つけても、自ら接触しないようにと注意を呼びかけています。



スティーブンス容疑者は他に公開していた動画の中で「俺はほかに14人殺した」とも話していますが、警察によると該当する被害者は見つかっていないとのこと。