スティーブ・ジョブズ氏とともにAppleを創業した、スティーブ・ウォズニアック氏が、Appleは圧倒的な資金力を武器にして2075年まで生き残るだろう、と大胆な予測をしています。

生き残らないと考える方が馬鹿げている

なぜ2075年なのか――それは、シリコンバレーで開催されるコミコンのテーマが「人類の未来:2075年にはどこにいるのだろうか」という内容だからです。USA Todayがこのテーマについて、スティーブ・ウォズニアック氏にインタビューを行いました。
 
ウォズニアック氏は、2,461億ドル(約27兆円)ものキャッシュを保有しているAppleは、1911年から続くIBMのように、この先GoogleやFacebookと並んで早々と潰れることはないと考えています。「Appleは何にでも投資できるんだ」と同氏。「2075年まで彼らが存続すると考えないのは馬鹿げているよ」
 

 
また、コミコンのテーマらしく、Appleを大きく成長させるきっかけとなったiPhoneを指差し、「ユーザーにスーパーマン以上の力を与えた」と絶賛。「コンピューターがこれだけの進化を遂げること、それこそが未来がどれほど楽しみなものになるかの証左なんじゃないかな」とも述べています。
 
以前には、ジョブズ氏がいなくなった後に出てきたApple WatchやApple Car開発に対して、あまり好感触を抱いていないような発言をしたこともあるウォズニアック氏ですが、やはり自分の生み出したAppleがどのような未来を描いていくのか、興味は尽きないようです。
 
 
Source:MacRumors,USA Today
Photo:Flickr-Robert Scoble
(kihachi)