写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ディーフは5月上旬、同社新ブランド「WIZ」から、フィリップモリス製加熱式たばこ「iQOS(アイコス)」用アルミケース「IQOS Aluminum Case for2.4/2.4Plus」(6,463円・税別)を発売する。

加熱式たばこ「IQOS(アイコス)」のポケットチャージャーは、基本的にブラック、もしくはホワイトの2色のみであるとのこと。ユーザーが集まる場所では、どれが自分のものかわからなくなることも少なくないという。しかし同商品を装着すれば、手持ちのIQOSを自身の好みのカラーにアレンジでき、どれが自分のIQOSかすぐわかる。

同商品は、ネオジウム磁石で左右のパーツをIQOSポケットチャージャーに固定するという仕組みを採用。いつでも簡単に脱着ができるとのこと。ねじ止めは必要ないため、工具を用意する手間も不要。ケースを装着したまま、IQOSポケットチャージャーの充電、バッテリー残量のチェックも可能としている。

底部には折りたたみできるストラップホルダーが付いているため、落下防止用のストラップも装着できる。従来製品だけでなく、新型の「iQOS2.4Plus」にも対応しており、現在発売されているすべてのiQOSで利用することができるという。

ケースは軽量で剛性が高い6063系アルミニウム合金を使用。光沢があり高級感を漂わせる造りとのこと。落下や衝撃による変形や擦り傷からIQOSを保護する。カラーは、ブラック・ブルー・ピンク・レッド・シルバーの5色。

※価格は、Deffダイレクトショップ販売価格

(フォルサ)