成瀬順に扮する芳根京子 (C)2017映画「心が叫びたがってるんだ。」
製作委員会(C)超平和バスターズ

写真拡大

 人気アイドルグループ「Sexy Zone」の中島健人主演の映画「心が叫びたがってるんだ。」の劇中カットと特報が、4月18日に初公開された。

 映画は、2015年に劇場公開され、大ヒットを記録した同名劇場版オリジナルアニメを実写化。埼玉・秩父の高校を舞台に、誰もが心に閉じ込めている“本当に伝えたい気持ち”を数々の名曲とともに紡ぐ、青春群像劇だ。「近キョリ恋愛」の熊澤尚人監督と脚本家まなべゆきこがタッグを組んだ。

 他人と本気で向き合うことが苦手な高校生・坂上拓実(中島)は、ある日担任から「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命される。同じ委員を務めることになったクラスメイトの成瀬順(芳根京子)は、過去のトラウマから人と話そうとすると腹痛が起こり、筆談を余儀なくされており、クラスで浮いた存在だった。2人は戸惑いながらも、ほかのメンバーの仁藤菜月(石井杏奈)、田崎大樹(寛一郎)とともに、交流会の出し物であるミュージカルの準備に取り組んでいく。

 劇中カットは、屋上で寂しそうにたたずむ順、音楽準備室で交流会の打ち合わせをする優等生の菜月、野球部のエースにも関わらず、右ひじを痛めたことでやさぐれている大樹を捉えた3枚。まったく異なる個性を持った実行委員メンバーたちが、どのようにまとまっていくのか期待が高まる。

 また、公式YouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/watch?v=X0oU4kueYn4)で公開された特報では、必死に話そうとするが上手くいかない順を、メンバーたちがそれぞれの方法で受け止める姿が納められている。拓実が「もし何か伝えたい事があったら、歌ってみるのもありかもよ?」と提案したことで順に笑顔が戻り、友情と音楽が起こす奇跡を予感させる仕上がりとなっている。

 「心が叫びたがってるんだ。」は、7月22日から全国で公開。