キャリー・フィッシャーさん Photo by David M. Benett/Dave Benett/WireImage

写真拡大

 「スター・ウォーズ」シリーズで故キャリー・フィッシャーさんが演じたレイアが、2019年公開予定の「スター・ウォーズ エピソード9(仮題)」には登場しないことが明らかになった。

 フィッシャーさんが昨年12月に急逝し、まだ撮影の始まっていない「エピソード9」でレイアがどのような形で登場するのか注目が集まっていた。実弟のトッド・フィッシャー氏は先日、米ニューヨーク・デイリーニュース紙の取材に対し、「エピソード8」用に撮影した未使用のフッテージの使用許可を出したと発言。キャリーさんをデジタルで再現するのではなく、未公開カットをつないで登場させる方針だと明らかにしていた。

 しかしこのほど、米ABCの朝のバラエティ番組「グッドモーニング・アメリカ」に登場したルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ社長は、「きっと混乱していたんだと思う」と、トッド氏の発言を否定。レイアが登場しない方向で調整することになったと明かし、「残念なことですが、キャリーは『エピソード9』には登場しません。でも、『エピソード8』ではたっぷり見ることができます」と語った。

 エピソード8にあたる「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」は12月15日に公開される。