© Google Inc.

『Google マップ』アプリがアップデートされ、2つの新機能が追加されました。それぞれの特徴と使い方をご紹介します。

ロック画面でも道案内を見られる「経路案内ウィジェット」

Google マップのウィジェットとして「経路案内」が追加されました。アプリでルートを検索して案内を開始すると、ウィジェットで乗り換え駅などを確認できます。


© Google Inc.

ウィジェットはロック画面からも見られるので、確認のたびにiPhoneのロックを解除する手間が省けます。

Google マップの経路案内ウィジェットを追加するには、まず画面上端をタップ。そのまま指を離さず、下にスライドしましょう。


通知センターを右にスライドしたら【編集】ボタンをタップ。


「経路案内」の横にある【+】をタップしたら、画面右上の【完了】をタップします。これでウィジェットが使えるようになります。


© Google Inc.

ロック画面から確認するときは、ロック画面を右にスライドしましょう。


ロック画面からウィジェットを確認できないときは、設定アプリの【Touch IDとパスコード】を開き、【今日の表示】をオンにしましょう。

Google マップの現在地をiMessageで送信可能に

メッセージアプリからGoogle マップを使い、そのときの現在地を送信できるようになりました(iMessage限定)。

メッセージアプリにGoogle マップとの連携機能を追加する方法は以下の通りです。

メッセージアプリを開いたら、App Storeボタンをタップ。


画面左下のボタンをタップします。


【Store】をタップ。


画面上の【管理】をタップして・・・


「Googleマップ」をオンにします。


© Google Inc.

すると一覧に【Googleマップ】が追加されるので、これをタップ。位置情報の利用を許可すれば、現在地を相手に送信できます。


© Google Inc.

外部サイト