新潟を拠点に誕生したAKB48国内5組目となる姉妹グループNGT48のメジャーデビューシングル『青春時計』が、オリコン週間CDシングルランキング、そして、ビルボードジャパン週間シングル・セールス・チャートにて共に初登場1位を記録したことがわかった。

TBS系「CDTV」4・5月度オープニングテーマとしても話題の『青春時計』は、AKB48グループとしては珍しいラップ調で始まり、「チックタック♪」とサビで繰り返されるどこかノスタルジックなフレーズが印象的な楽曲で、CDリリース前から、iTunes、レコチョク、mora、dwangoなど各種配信チャートでも1位になるなど、高い注目を集めていた。

また、Type-A、Type-B、Type-C、そしてNGT48 CD盤には、表題曲『青春時計』、共通カップリング曲『空き缶パンク』の他に、それぞれタイプ別のカップリング曲が収録されており、DVD付きのType-A〜Type-CのDVDには、『青春時計』のMUSIC VIDEOに加えて、それぞれのカップリング曲のMUSIC VIDEO、そして各メンバーごとの特典映像も収録され、AKB48グループ随一の個性派集団との呼び声も高いNGT48らしく、どれもまったくタイプの異なる幅広い曲調の楽曲や、個々の魅力を26人のクリエイターがそれぞれ切り取った、他では見ることの出来ないメンバーの姿を楽しむことが出来、その内容の濃さも評判を呼んでいた。

NGT48は、AKB48から移籍したキャプテンの北原里英、AKB48 Team B 兼任の柏木由紀といったAKB48のキャリアを支えてきた人気メンバーと、第2回AKBドラフト会議で指名されたバイトAKB出身の荻野由佳、西潟茉莉奈の2名、そしてオーディションで新潟県内外からの5,850人の応募の中から激戦を勝ち抜いた22人の1期生によって結成され、現在(2017年4月現在)は、Team N16名と、研究生9名の25人が在籍している。

シングル『青春時計』は、3月いっぱいで保育士になるために卒業した研究生の水澤彩佳もカップリング曲『暗闇求む』(Type-C収録)、『下の名で呼べたのは・・・』(NGT48 CD盤)の2曲に参加しており、2015年の結成以来、苦楽を共に歩み続けたメンバー26人で作り上げた最初で最後のシングルであったことからも、メンバーにとってもファンにとっても特別な思い入れのある作品となっており、今回の結果に喜びを爆発させている。

キャプテンの北原里英と『青春時計』でセンターをつとめた中井りかからは、以下の喜びのコメントが寄せらている。
「NGT48にとって、デビューシングル・1位をいただけたということは、とても嬉しいです。グループ結成以来、地元・新潟のみなさんはもちろん、全国のみなさんから本当にあたたかい応援をしていただきました。
心から御礼を申し上げます。『青春時計』がたくさんの方々に届き、長く愛していただけるように、がんばりたいと思います。本当にありがとうございます。」(北原里英)

「本当に私にとっては夢のまた夢のようで、本当にCDデビューしたんだなぁと実感がわいています。たくさんの応援ありがとうございました!これからもがんばります!!」(中井りか)

4月22日(土)には、NHK BSプレミアム「AKB48 SHOW!」で、30分丸ごとNGT48が出演する特別番組「NGT48 SHOW!」がオンエアされることも決定しており、まだまだNGT48旋風、新潟旋風が続きそうだ。今後メンバーが全国各地で開催する全国握手会、個別握手会、などのイベントも是非チェックしてみよう。日程、参加方法など詳細は、アリオラジャパンのNGT48特設ページまで。