「変化が嫌い」は危険信号 あなたをクビにする5つの悪い心構え

写真拡大

私たちは先日、アリゾナ州スコッツデールのレストランで昼食をとりながら、グーグルが同州で試験を実施している自動運転車がそばを横切るのを見ていた。すると近くに座っていた男性がこう言った。「あの車には絶対乗りたくないね」

自動運転車に不安を覚えるのと同じく、変化を受け入れることは多くの人にとって難しい。人はしばしば、最悪の事態を恐れるものだ。音楽動画のせいでラジオが終焉を迎える。タブレットによって昔ながらの本が無くなる──など。アップルがiPhoneの充電ケーブルを変えるたびに、いかに多くの人が懸念を抱くかを考えてみてほしい。確かに懸念すべき問題だが、人は適応するものだ。適応せざるをえないのだから。

変化は、人生のあらゆる側面で恐ろしいものでありうる。自分に心地良いものを求めがちな職場では、特にそうだ。それでも、変化への抵抗は時に危険だ。仕事の方法、時間、対象は常に流動的なものだからだ。

「新しいやり方に合わせた変化を拒否したことにより、優秀な社員を解雇しなくてはいけなかったことがある」。ある友人は最近、こう語った。友人はその社員を「他のすべての面ではスター社員だった」と評価し、解雇せざるをえなかったことを本気で嘆いていた。

しかしそれを聞き、自動運転車が通り過ぎるのを眺めながら私たちは考えた。「変化が嫌い」以外に、解雇につながるような職場での最悪な心構えはあるだろうか? もし次に挙げる5つに身に覚えがあれば、あなたは自分を見直した方がよいかもしれない。

1. 変化が嫌い

社会科学分野では、人間が変化を嫌うのは自然なことだという事実が長年示されてきた。実際、習慣や決まり事は快適なだけでなく、効率的で信頼できるものでもある。しかしビジネスが成長するには、緩やかな(そして時に抜本的な)変化を必要とすることが多い。問題はそこにある。これら2つの現実間のギャップが、変革管理プログラムの7割もが失敗に終わってしまう理由だ。

「変化が嫌い」の精神を克服し、変革を必要なものと捉えて楽しめるような社員は、概してずっと幸せだ。また、流れに逆らうのではなく、変化をすすんで受け入れれば、チームワークを大切にしているという重要な姿勢を示すことができる。

2. それは私の仕事ではありません

実際のところ、新たな責任を次から次へと与えられた時、こうした反応を見せずにいることは難しい。しかし残念ながら、これは持続可能な態度ではなく、「ビジネスの場で言ってはいけない最悪のフレーズ」とすらみなされている。

態度を改めよう。同僚に助けを求められた時や上司に新たな役目を与えられそうな時、つまらない仕事がまた増えたと考えるのはやめて、前向きになること。他の誰かに振ってもよい仕事だったのに、自分の専門性が特に認められてこの仕事を与えられたのだ、と考えよう。

機会を引き受け、自分自身に挑戦し、素晴らしい成果を出そう。上司やチームは気づいてくれるだろう。特に、あなたがこれまで「それは私の仕事ではありません」と言うタイプだったのであれば。

3. 便りのないのは良い便り

私たちは物事に敏感な世界に暮らしており、便りが無いことは通常、良い便りではない。しかし、もしあなたがこのことわざ通りに生きているとしたら、あえて目立たないようにしているか、チームに何も貢献していないかのどちらかだ。

これは良いフィードバックを受けているかという問題だけではない(自分の仕事を感謝されるのは良いことだが)。作家であり、役員研修サービスを提供するブライト・エンタープライゼズ(Bright Enterprises)の社長でもあるデボラ・ブライトはこう言う。「もし最近、建設的な批判を耳にしていないなら、恐らくそれは、あなたが何も学んでいないということ」。もし周りが変に静かなら、声を上げよう。評価を求め、心を開いて真摯に耳を傾けよう。