せっかくの彼とのデートなのに、お財布がピンチ! 楽しいデートのはずが、お金のことが気になってしかたないなんて悲しいですよね。そんなお財布ピンチ状態に陥らないためには、普段からコツコツ貯金しておくことがおすすめ。なかなか貯金できない人でも取り組みやすい簡単な貯金の方法をご紹介します。

みんなの定番? 500円玉貯金で無理なく貯金





「500円玉貯金」という言葉、一度は耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。方法は、買い物をしてお釣りに500円玉があったら、その500円玉を貯金箱に入れて貯金するというもの。ちょっぴり惜しい気もしますが、1円や10円という小さなお金ではないので、500円玉を貯金箱に入れるたびに貯金している実感がわきます。

これは大胆! その日のお財布に入っている小銭を全部貯金





500円玉だけだとあまり貯金できないという場合は、思い切って、一日の終わりに毎日、財布に入っている小銭を全部貯金箱に入れてしまうという方法もあります。貯金するといっても、財布から小銭がなくなってしまうので、できるだけ小銭を出さないように賢く買い物する方法が身についていくというのがポイント。

スタバに行った「つもり貯金」





スタバが大好きで、1日に何度もスタバに寄ってしまうという人は、ぜひトライしてみて。ドリンクやフードを買ったつもりで、その分のお金を貯金箱へ。意外と早く貯まると評判です。スタバにあまり行かないのであれば、「つもり」の場所を、コンビニスイーツやお茶代に変えてOKです。

どうしても貯められないときは自動積立定期を活用しよう





どんな貯金方法を試してもどうしてもお金が貯まらないというときは、お給料が振り込まれる普通口座から毎月定額で引き落としをして定期預金口座に移してくれる自動積立の方法がおすすめ。あると使っちゃうという人も、知らないうちに貯められますよ。

なかなか貯金できないという25歳は多いですが、これから同棲するカップルや将来を意識しているカップルなら、なおさら貯金は大切。目標は100万円。節約ばかりの生活はつまらないけれど、少しずつでも貯金していきたいですね。