ホットスムージーの効果って?おすすめ素材&レシピもご紹介

写真拡大 (全6枚)

スムージーでビタミンや食物繊維などの栄養を摂りたいけれど、体の冷えが気になる…。そんな方も安心して飲めるのがホットスムージーです。今回は、ホットスムージーを飲むことで得られる効果や、おすすめ素材、レシピをご紹介します。

ホットスムージーの効果

素材を加熱調理して作るスムージーや、冷たいスムージーを温めたものが、ホットスムージーです。

冷たいスムージーは体を冷やしてしまいがちですが、ホットスムージーは体が温まるので、代謝を上げ、胃腸の働きを良くすることができるようです。

また、食物繊維をたくさん摂ることで、腸内環境が整い、美肌づくりにも効果的です。

ホットスムージーに最適な緑黄色野菜には、β-カロテンが豊富に含まれていますが、熱を加えることで体に吸収されやすくなります。

このβ-カロテンには高い抗酸化作用があり、アンチエイジングなど、嬉しい効果が期待できるんです。

参考:あすけんダイエット

 

ホットスムージーのおすすめ素材

熱に強いビタミンを含む素材
にんじん、ほうれん草、小松菜、ブロッコリー、かぼちゃ、さつまいもなど体を温める素材
白菜、大根、ごぼう、キャベツ、ブロッコリー、ぶどう、みかん、生姜、豆乳など便秘解消に効果的な素材
さつまいも、ブロッコリー、レタス、りんご、バナナ、キウイ、パイナップル、牛乳、ヨーグルト、オリゴ糖など美肌に効果的な素材
小松菜、パプリカ、ブロッコリー、にんじん、アボカド、りんご、キウイ、ブルーベリー、はちみつ、ナッツ類など

参考:クックパッドニュース

 

にんじんとさつまいもと落花生のホットスムージー

出典:レシピブログ

にんじん30g、さつまいも50gは1cmの厚さに切って皮をむくさつまいもは水にさらし、アクを抜いておくにんじん、さつまいもを蒸し器で蒸す3と殻を取った落花生10g、牛乳1/2カップ、はちみつ小さじ1をミキサーで撹拌し、鍋で温める

ビタミンたっぷりの、甘くて美味しいホットスムージーです。

参考:レシピブログ

 

小松菜とみかんのホットスムージー

出典:レシピブログ

小松菜1本はざく切りに、みかん小1個、バナナ1/3本は皮をむき、一口大に切る1と豆乳(無調整)100ccをミキサーで撹拌する2を耐熱容器に入れ、ラップをふんわりかけて電子レンジ600Wで1分加熱する

豆乳を使った、女性におすすめの体が温まるレシピです。

参考:レシピブログ

 

ホットスムージーには、体に嬉しい効果がたくさんありそうですね。
お好みの野菜や果物を組み合わせて、オリジナルのスムージーを作ってみてください。