ピニンファリーナの曲線に対し直線を基調としたデザインが特徴

ピニンファリーナとともに、イタリアを代表するカーデザインの巨匠といえば、ジョルジェット・ジウジアーロだ。曲線をうまく採り入れたデザインを得意とするピニンファリーナに対して、直線を基調とするのが特徴である。初代VWゴルフや初代フィアット・パンダはその代表例だろう。天才的ですらある。

自動車の作品としてはたくさんあるが、今回は日本車に絞って見てみることにしよう。日本メーカーの場合、プライドからかなかなか外部に頼んだことを明らかにしないが、探すとけっこうな台数を手がけている。

.好丱 アルシオーネSVX

伸びやかなスタイルなどはまさにイタリアンデザインの真骨頂。しかもスバルがスケッチに忠実に作ったため、現車を見て「スケッチのままじゃないか!」とジウジアーロ自身が言ったという逸話もある。ちなみに忠実にするため、サイドウインドは開かないようにしたかったが、法規のため断念した。

▲好坤 4代目キャリイ

どちらが前か後ろかわからない六角形をしているボディ。それなのにチャンとクルマとして成立しているのが凄い。1969年の発売だけに、自らのカロッツェリアであるイタルデザイン初期の頃のデザインだ。

スズキ フロンテクーペ

スズキはもともと外部に依頼することが多いとされるが、こちらもジウジアーロの作。ただ、フロント部分だけ使って、あとはデザインを変えてしまったため、ジウジアーロの怒りを買ったという話も伝わっている。ライトの処理などは日本車離れしている。

一世を風靡したトヨタの高級車もジウジアーロが手がけた

いい后 ピアッツァ

スケッチをそのまま形にしたような、コンセプトカーのようなモデル。直線をうまく組み合わせて、塊感を出すというジウジアーロならではの手法が採り入れられている。

ゥ肇茱 初代アリスト

トヨタはあまり公表しないが、アリストはジウジアーロの作と認めている。アッサリとしたフロントとは対称的なプリッとしたリヤの処理などはセンスあり。直線基調ではない、ジウジアーロにしては珍しいデザインだ。

ζ産 初代マーチ

じつはこれもジウジアーロのデザイン。一見するとただの四角いハッチバックだが、各部の処理は初代ゴルフにも見られる手法を採り入れている。

また、ジウジアーロの特徴というか、こだわりなのかもしれないが、同時期に同じデザインを違うメーカーのクルマに取り入れることがあり、マーチはフィアットのウーノに似ている。またいすゞ117クーペとフィアットのディーノ・スパイダーも同様だ。

そのほかにも、マツダのルーチェやジェミニなど、いろいろと手がけているし、クルマ以外ではニコンのカメラやダイワのリールなどもデザインしている。

イタルデザインは日本人との共同設立であることからも、日本好きで、数年前までは東京モーターショーの会場でもよく見かけたほどである。1938年生まれなので、もうすぐ80歳に。まだまだ元気でデザインを続けてほしいものだ。