写真提供:マイナビニュース

写真拡大

みずほフィナンシャルグループと富士通は4月17日、Virtual Reality(VR)技術を活用した購買体験の向上と購買行動に付帯する金融サービスの提供を目的として、zSpace端末を用いた実証実験の開始を発表した。

zSpaceは米国zSpaceの卓上型 VRディスプレイの名称で、富士通がVRプラットフォームとして販売している。偏光メガネと直感的な操作を実現するスタイラス(操作ペン)を使用し、酔いにくく長時間作業可能であることが特徴。

両社は、VRの活用により商品の断面などを立体的に確認することができる新たな購買手法や、購買行動に付帯する金融サービスを体験するデモコンテンツを製作し、VRを活用したサービスの汎用性について仮説検証を行う。

仮説検証のツールとして、「VR仕様のECサイトにおける購買および購買行動に付帯する金融サービス(決済、資産管理等)を体験できる、zSpace端末で動作するデモコンテンツ」「)同コンテンツが実現された未来の生活シーンを描いたショートムービー」を製作したという。

デモコンテンツは、みずほ銀行八重洲口支店FinTechコーナーにて、2017年4月17日から同6月30日(予定)まで展示し、実際に体験することが可能。ショートムービーも同コーナーにおいて同期間に放映予定となっている。

(辻)