「浮遊球体ドローンディスプレイ」点灯時

株式会社NTTドコモは17日、任意の空間に浮遊させ、360度どこからでも見える広告展開を可能にする「浮遊球体ドローンディスプレイ」を開発したと発表した。

 

本機は、球体の中央に無人航空機(ドローン)を配置した宙に浮くディスプレイ。構造としては、環状のフレームにLEDを並べたLEDフレームが球体のディスプレイとなり、動力は内部のドローンが担う。そして、LEDフレームを高速に回転させながら飛行することで光の残像を生み出し、映像を表示させることができる。

フレーム外観

この技術により、コンサートやライブ会場の上空を飛ばしてダイナミックな演出を行ったり、会場を飛び回る広告アドバルーンとして使い、広告媒体としての活用も可能になる。

浮遊時

なお、「浮遊球体ドローンディスプレイ」は、4月29日・30日に開催される「ニコニコ超会議」の「NTT ULTRA FUTURE MUSEUM 2017」に出展して、デモ飛行を行う。

 

発表資料

URL:https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2017/04/17_00.html

2017/04/18