写真提供:マイナビニュース

写真拡大

富士通のグループ会社である富士通九州システムサービスは4月17日、社員による共創実践の場である「Qube」を同社の本社オフィスに開設した。これを機に、顧客との共創活動をより強力に推進し、ロボット、IoTとAIなどを融合させた新たなデジタルサービスの創出を目指す。

「Qube」のコンセプトデザインは、「九州発IoT活用によるデジタルサービス創出」に加え、IoTの構成6要素(Sensing/Network/BigData/Analytics/AI/Actuate)を6面と見なし、Cube+九州(Q)にかけている。

「Qube」では、ロボットや、IoTとAIなどを融合させた新たなデジタル・サービスの発掘へ迅速に対応し、アイデアを形にすることで広く社会問題の解決に寄与していく。また、個々がエンジニアとして、技術と技術、人と人をつなぎ、付加価値の高いサービスを創出することが可能になるという。

さらに、富士通の事業所である富士通ソリューションスクエア内にある共創実践のための場である「FUJITSU Knowledge Integration Base PLY(PLY)」と連携する。PLYにおいて顧客と創出したアイデアのプロトタイプをQubeで制作・開発したソリューションを基に利用ワークショップをPLYで開催することで、イノベーション創出の強化とスピードアップを図るとしている。

同社は同施設の利用シーンとして、「人感センサーを用いて、会議室の利用状況を可視化するアプリケーションのプロトタイプを作る」「ロボットと音声認識APIをつないで、チャット・ボットを作る」「3Dスキャナ、3Dプリンタ、Raspberry Pi、富士通のAI技術(FUJITSU Human Centric AI Zinrai) を用いて、卓上ロボットを作る」といったことを想定している。

(山本善之介)