iPhone 8のTouch IDセンサーは画面に組み込まれる・背面に搭載されるといった噂がこれまでに出ています。

今回ご紹介する新たな噂では、Touch IDセンサーそのものを搭載しないと言われています。いったいなぜでしょうか。

iPhone 8が抱える問題

Pacific Crest証券のアナリストAndy Hargreaves氏によると、AppleはiPhone 8の画面にTouch IDセンサーを組み込もうとしていますが、何らかの問題に直面しています。

別のアナリストの調査では、Touch IDセンサーを内蔵した画面が製品として出荷できる水準を満たしていないと指摘されていました。
iPhone 8にデザイン見直しの可能性

Hargreaves氏は、この問題が来月までに解決できなかった場合、AppleはiPhone 8の製造開始を遅らせるか、iPhone 8にTouch IDセンサーを搭載しない、と予測しています。

iPhone 8の3Dセンサーを使った生体認証に?

指紋を読み取るTouch IDセンサーの代わりに3Dセンサーを使った認証が用いられるとHargreaves氏は予測していますが、具体的に何で認証するのかは不明です。これまでには顔や目の虹彩を使うという噂がありました。

これに対してウェブサイト『Mac Rumors』は、iPhone 8で用いられる認証方法がTouch IDから3Dセンサーに切り替えられる可能性は低く、問題解決までiPhone 8の製造開始を遅らせる可能性が高いと見ています。

その理由としてMac Rumorsは、Apple PayでTouch IDが重要な役割を担っていること・AppleがTouch IDと顔や虹彩認証を組み合わせる方法を模索している噂があることを挙げています。

参考

iPhone 8 Without Touch ID Doubtfully Called One ‘Likely Option’ if Apple Can’t Place It Under Display - Mac Rumors