写真提供:マイナビニュース

写真拡大

森永製菓は4月18日、ゼリー飲料「ウイダーinゼリースーパーエネルギー」のTV-CM『前を向く』篇の放映を開始した。

同CMには、櫻井翔さんとテニスの錦織圭選手が出演している。それぞれの環境の中で「誰もがみんな自分と戦っている」と自分に向き合い戦う気持ち、「心が折れそうになることもある」と気弱になる気持ち、「でも頑張りたい」といった葛藤を二人が表現しているという。

今回、CMでは2人は共演しているが、撮影は別々の場所で行われた。櫻井さんの撮影は、3月なのに最高気温7℃という真冬のような寒さの中で実施したとのこと。撮影中は、エキストラの人に気遣いの言葉をかけるなど、スタッフや共演者に配慮する姿が見られたという。

また、階段や通路をダッシュするシーンが多かったが、納得できるシーンが撮影できるまで、何回もダッシュを繰り返したとのこと。

一方、錦織選手の撮影は、アメリカ・フロリダで行われた。最高気温29℃という汗ばむ陽気の中、錦織選手は撮影の合間に、拾った貝殻ではしゃぐ意外な一面を見せたという。撮影中は、普段の練習さながらに葛藤を抱えているような迫力の演技で、CMのストーリーと同様に切り替えのうまさが感じられたとのこと。

櫻井さんは錦織さんとの共演について「映像の中では共演しているものの、撮影同じシーンや、同じ空間にいた訳ではないので、いつかCMでも一緒にリアル共演したい」と語った。印象に残ったシーンはエキストラ約30名が行き交うシーンで、スローシャッターでの撮影だったため、息を合わせるのが大変だったという。

CMでは、"心がくじけそう"なときについて描いているが、櫻井さんは自身のくじけそうなエピソードについて「最近撮影している番組や映画で、僕がロケに出ると猛吹雪になることが続いている。撮影中に天気が悪くなるのが続き、まるで僕のせいのような空気になったときに、くじけそうになる」と打ち明けた。

(フォルサ)