すっぴんになる度に気になる「いちご鼻」。開ききった毛穴に無数の黒いぽつぽつが点在し、鏡を見るのが嫌になりますよね。毎日きちんと洗っているはずなのに、一向に良くなる気配もなし。そんないちご鼻にお悩みの方は非常に多いことだと思いますが、いちご鼻は原因さえわかっていれば、意外と簡単に対処できるものなのです。いちご鼻にお悩みの方のために、いちご鼻を引き起こす原因について紹介したいと思います。

角栓が酸化することで発生する

いちご鼻の大本の原因を挙げるとなると、ずばり毛穴に詰まった角栓が酸化することです。わたしたちの毛穴には、いつもある程度の皮脂が存在していますが、これが過剰になったり、古くなった角質や汚れが溜まったりすることで、毛穴をフタするように角栓ができてしまいます。更にこの角栓が長期間滞在し酸化することで、毛穴の黒ずみ、果てにはいちご鼻になってしまうというわけです。では毛穴に角質・汚れが溜まる要因、角栓が酸化してしまう要因について見ていきましょう。

原因は毛穴がきちんと洗浄できいないから

毛穴に角質・汚れが溜まる要因としては、やはり毛穴がきちんと洗浄できていないということがほとんどです。毎日きちんと洗浄しているつもりでも、案外毛穴汚れを取り除けていないという方は多いです。毛穴汚れはきめ細かい泡で何度もなでる様に洗わなければ、なかなか落ちないものです。きめの粗い泡で表面をゴシゴシするだけでは、肌にダメージを与えるだけで、肝心な毛穴汚れは取り除けていないのです。

いちご鼻の自覚がある方は、しっかりと泡立てたきめ細かい泡で、やさしくかつ、ぐるぐるなでるようにして、しっかりと毛穴汚れを落とすようこころがけましょう。1日では解消できないので、とにかく毎日しっかり鼻を泡で包み込むように洗顔すること。解消はこれに限ります。剥がすタイプのシートパックなどは刺激が強いのであまりおすすめできません。

不十分な紫外線対策も必要

長時間角栓が毛穴に滞在することで必然と角栓の酸化は起こりますが、不十分な紫外線対策によっても酸化が誘発されるので注意が必要です。紫外線が照射されることで肌は酸化し黒ずんでいきますが、毛穴に存在する角栓においても同様なのです。角栓に紫外線が照射されることで酸化が進み、黒ずんだ毛穴、つまりいちご鼻が完成してしまうというわけです。こうならないためには、日焼け止めや日傘など、なるべく紫外線を受けないような工夫が必要となってきます。ただ日焼け止めを毎度きちんと落とさないと、毛穴汚れとなって逆にいちご鼻を誘発してしまいますので注意が必要です。

身体の内側からの要因

上記要因とは別で、不適切な生活習慣がいちご鼻を誘発してしまうこともあります。例えば偏った食生活や睡眠不足等の不摂生を続けると、皮脂の異常分泌を誘発し、肌のターンオーバーリズムを狂わせ古い角質を蓄積させてしまいます。これら要因が介在すると、果てにはいちご鼻となってしまうこともあります。いちご鼻に悩んでいるあなたは、とりあえずこれらの要因を排除することからはじめてみてはいかがでしょうか。原因を取り除くことが解消の第一歩になります!


writer:サプリ編集部