マネしたくなる!?土屋太鳳がクセになるダンスで秩父旅の魅力を発信

写真拡大 (全4枚)

西武鉄道は、2017年4月17日(月)より、秩父地域の魅力発信CM「ちちんぶいぶい2017年春夏篇」を展開する。2013年から展開している本CMシリーズ、3代目となる2017年のイメージキャラクターには、土屋太鳳さんを起用した。

今回のストーリーは「ちちんぶいぶい秩父 ココロによく効くおまじない」と題して、秩父の澄んだ空気や風光明媚な自然に触れると心がスッと癒される様子を表現しているとのこと。土屋太鳳さんたちは3人の女子旅で、春夏の観光地としてオススメの長瀞(ながとろ)周辺(長瀞ラインくだり、寳登山(ほどさん)、天然氷蔵元の阿左美冷蔵ほか)や秩父神社、秩父グルメの豚ホルモンなどを巡る。

秩父を一日たっぷり満喫した後は、4月24日オープンの「西武秩父駅前温泉 祭の湯」でゆったり疲れを取って、すっきりして特急レッドアロー号で都心に帰る。また、各地を巡る土屋太鳳さんたちの後ろには、秩父市出身の落語家 林家たい平さんがなぜかそこにいて、初めて女子旅で秩父を巡る3人を優しく見守るという内容だ。



■西武鉄道CM 「ちちんぶいぶい2017年春夏篇」

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・「大人なガリガリ君マンゴー」を発売
・LINE、熊本市と「情報活用に関する連携協定」を締結
・「東京ゲームショウ2017」の「インディーゲームコーナー」「SENSE OF WONDER NIGHT」募集受付を開始
・どLINE FRIENDS、心斎橋オーパB2Fにポップアップストアを展開
・稲川淳二のお葬式!? DMM VR THEATERにて「コワイコエ 稲川淳二のお葬式」を開催