「テスラは過大評価されている」と判断する5つの理由

写真拡大

進歩的な企業といえば、テスラは筆者が気に入っている企業の一つだ。クリーンエネルギーと輸送手段、家庭用電力を統合された一つのものにするために適切な全てのことを行っている。

だが、テスラの株価は同社の規模、生産能力、直面する競争から考えれば、恐ろしく高く評価されている。同社の事業に関する現実的な見通しと投資家全般の見通しには、大きな隔たりがある。

テスラは危険なほど過大評価されている。筆者がそう考える理由になるのは、以下の5つの点だ。

・利益

テスラは昨年、7億7300万ドル(約837億4860万円)の損失を計上した。

現時点で同社は、十分な現金を保有していない。資金を調達できなかったということではないが、GMやフォード、フィアット、その他の利益を計上し、十分な現金を持っている自動車メーカーとの戦いは今後もまだ続くということだ。

・生産台数

自動車を買うとき、人はそれほど先のことを考えて購入するわけではない。ガソリン価格が低水準になれば、販売台数は増加する。

米国市場では、ピックアップトラックとSUVが合わせて販売台数の3分の1以上を占めている。電気自動車(EV)とハイブリッドカーを合わせた昨年の売上高は堅調な伸び率を維持しているものの、販売台数はピックアップトラックとSUVを大きく下回る。

つまり、北米のドライバーたちが大型車両を好む傾向をEVが抑え込み、"EV革命"が起きるまでにはまだしばらく時間がかかるかもしれないということだ。

・価格

シボレーの新型EV「ボルト」の希望小売価格は、およそ3万8000ドル。テスラ「モデル3」の価格は3万5000ドル程度とされている。いずれも連邦税控除の対象となっており、7500ドルが値引きされる。それにより、どちらのEVも中価格帯のセダンと同水準の価格にはなる。

だが、中国のメーカーは積極的に、より安価なEVの生産拡大を進めており、価格は1万2000〜2万3000ドルになる見通しだ。プライス・ポイントが低下すれば、テスラもGMも競争では不利になる。

購入に関する決定は価格に左右されることを忘れてはならない。原油価格が高騰した1970年代後半から1980年代初頭にかけて、デトロイトの自動車メーカー大手が信頼性の高い小型車を発売できずにいる間、日本の自動車メーカーは低価格のそうしたモデルを米市場に投入、大幅なシェアを獲得した。今度は中国・韓国の大手メーカーによって、再び同様のことが起きる可能性がある。

・イノベーション

投資家たちは、企業が何か特別なことを行い、世界を変えると約束することに目がない。故スティーブ・ジョブズが多くの人に「守護聖人」のように考えられ、テスラのイーロン・マスクCEOが聖人に次ぐ「福者」のように受け止められるのはそのためだ。

クリーンな電力を生み出し、充電し、それで自動車が走るという考えには大賛成だ。気候変動に対応し、地球を救うために私たちがすべきことだ。だが、路上を走る車のうち少なくとも3台に1台が燃費の悪いSUVではなくEVだという状況になるまで、”革命”が本当に起きたと確信することはできない。

・魅力

確かにテスラには魅力がある。シリコンバレーでも他の地域でも、テスラに乗っていることはステータスシンボルだ。

しかし、ファッションにおけるあらゆるものがそうであるように、魅力の”賞味期限”はどちらかといえば短い。そして、テスラの車が魅力的である一方で、競争は非常に激しい。競合と呼べるモデルは、他に30近くもある。

イノベーションによって、テスラはエネルギーと輸送の分野におけるグーグルになれるかもしれない。ただし、株価が事業の実質的なビジネスロジックではなく希望的観測を反映するものである限り、ボーダーラインを定めておく必要がある。多額の資金を必要とする競争の中で生き延びるためには、ケインズの言うアニマル・スピリット以上のものが必要だ。