大人向け「ハリー・ポッター」と評される「マジシャンズ」シーズン2より
 - Carole Segal / Syfy / NBCU Photo Bank via Getty Images

写真拡大

 米テレビドラマ「マジシャンズ」と「THE PATH/ザ・パス」が更新され、共に第3シーズンの製作が決まったとDeadlineなどが報じた。

 「マジシャンズ」はレヴ・グロスマンのベストセラー小説シリーズを基にしたドラマで、MTV.comが大人向けの「ハリー・ポッター」と評した作品。引きこもり状態の青年クウェンティン(ジェイソン・ラルフ)がニューヨーク州北部にある極秘の大学に導かれ、ほかの生徒とともに魔法を学ぶことになる。魔法の魅力と危険性、生徒たちのつたない技術で魔法の存在を救おうとする様子などが描かれる。第3シーズンは13エピソードが製作され、2018年にアメリカで放送がスタートする予定。

 「ブレイキング・バッド」でジェシー・ピンクマンを演じたアーロン・ポール主演の「THE PATH/ザ・パス」は新興宗教を取り上げた作品で、当初は「ザ・ウェイ(原題) / The Way」として製作が発表されていたドラマだ。

 問題を抱えた労働者階級の家で育ったエディ(アーロン)は新興宗教 The Meyerist Movement(マイヤリスト・ムーブメント)にすがる長年の信者だが、脱退した女性から恐ろしい事実を聞き、後に教祖となるリーダーのカル(ヒュー・ダンシー)を疑い始めていく。人間が抱える心の闇と葛藤を描き、その内容が衝撃的と評された全米で話題のドラマとなっている。第3シーズンは13エピソードが予定されている。(澤田理沙)