西元祐貴 個展「陶墨画の世界」

2017年4月19日(水)から4月25日(火)まで、玉川郄島屋 本館 5F アートサロンにて、西元祐貴氏の個展「陶墨画の世界」が開催される。同氏は躍動感のある独特のタッチを特徴とし、国内外で活躍する“墨絵アーティスト”。本展では2015年から制作を始めた「陶墨画」のうち最新作を含む約20点が展示販売され、過去最大規模での展示となる。入場無料、時間は10:00〜20:00(最終日は16:00まで)で、会期中の4月19日(水)と4月22日(土)は作家在廊予定。1988年生まれの西元祐貴氏は、人気ゲーム「戦国BASARA4」のイメージ画や、NHK総合「ニュースウォッチ9」のオープニングCGへの起用などで、幅広い年齢層の支持を集めている。2016年のRIOオリンピック特番では、テレビスタジオを一周する壁面に、スポーツ選手の墨絵を完成させた。現在は、福岡と福井の2カ所を制作拠点として活動している。彼が2015年から制作を始めた「陶墨画」とは、陶板に泥釉薬で墨絵の世界観を表現し、高温で何度も焼き上げて創り出される独自の陶芸画。キャンバスを和紙から陶板に代えた“風化することのない”アートだ。自然の力と合わせて完成する「陶墨画」は、人間が制御できない美しさも宿している。■期間:
2017年4月19日(水)〜4月25日(火)

■開催場所:
玉川郄島屋 本館 5F アートサロン
東京都世田谷区玉川3-17-1

■問い合わせ先:
玉川郄島屋
url. https://www.takashimaya.co.jp/tamagawa/
url. http://yu-ki.work/