「彼氏の家から元カノとの写真が出てきた!」――“ガールズトーク出現率100%”ともいえるこの話題。友達の体験談ではなく、実際に「自分が経験した」という方も多いのではないでしょうか?


写真に限らず、元カノからもらった手紙やプレゼントが出てくるなんていうのはよくある話。そんな時、めんどくさい女だと思われないためにはどう対応するべきなのでしょうか? 

こんな行動は絶対NG! 喧嘩や別れを招く恐れアリ


写真、手紙、プレゼント、ペアグッズの片割れなど……いわゆる“元カノとの思い出の品”を発見した時に、やってはいけない2つのこと。それは、「質問責め」と「勝手に捨てる」こと。

「残してあるの?」「まだ未練があるの?」「この頃の方がよかった?」など、いろいろと気になるところですが、そこで彼氏が「YES」と答えるわけがありません。むしろ、そう答えられても困りますよね。
またこの状況では、前途の通りめんどくさいと思われる質問しかすることができません。後で喧嘩へと発展するなど、この状況での質問責めにメリットは何一つないのです。

そしてどんなものであれ、人のモノを勝手に捨てることは決していいことではありません! 自分の意思で処分できなかったことによって“余計な未練”がうまれる可能性もあるので、写真や手紙などを勝手に捨てることは絶対にやめましょう。

元カノとの写真を“見なかったことにする”のも一つの手



「終わっていることだし、捨て忘れているだけでしょう!」と自己解決できるのであれば、 “見なかったことにする”というのも一つの手。難易度は「星5つ」かもしれませんが、これならめんどくさいもなにもありませんよね。

ただし、彼氏が自分で気づいて処分をするまでは、ずっとそのモノが残っている可能性があるということも心得て。また、たとえ目の前で見つけてしまったとしても、動じない精神が必須です。「そんなの耐えられない!」「モヤモヤしちゃう」という方にはオススメできません。

気まずいのは彼氏の方! その気持ちをフォローすることで絆深まる?


状況的に“見なかったことにする”というのができない場合もありますよね。そんな時、誰よりも気まずいのは明らかに彼氏の方。そこで「全然大丈夫だよ」「過去のことだもん」と彼氏の気まずさをフォローしてあげることができれば、めんどくさいどころか二人の仲が深まることも。

まさか、「そうだよね、大事にとっておこう!」なんて言う方はいないと思うので、まずは仏になってみる! そうすれば、こちらから何も言わずとも捨ててくれるはずですよ。

その場で処分率100%? 「捨ててもいい?」とかわいく質問が効果的


「めんどくさいと思われるのは嫌だけど、絶対に処分はしてもらいたい」という方は、ストレートにその気持ちをぶつけるのではなく“甘えながら”お願いをしてみて! 同じ「捨てて」でも、イライラをあらわにして言うより、「ねぇ、捨ててもいい?(泣)」と少しぶりっ子するくらいのほうが、円滑に物事は進むもの。めんどくさいと思われず、喧嘩にも発展せず、その場で処分をしてもらえて、かわいいなとも思わせる(!?)には、一番効果的な方法です。イライラをこらえて、実践してみてくださいね!


イライラ、モヤモヤ……元カノとの写真なんかを発見してしまうと、すっごく落ち込みますよね。けれども、その理由で喧嘩をするのも、めんどくさい女だと思われるのも、なんだかイヤなものです。「誰にでも過去はある!」「捨て忘れているだけだ!」と割り切って大人な対応ができた人から、オンナ度が上がり彼氏との仲を深めていくのかもしれません。
(RIKO)