ウェブサイト『Macお宝鑑定団』が独自の情報として、iPhone 8のデザインに関する新たな噂を報じています。

iPhone 8はiPhone 4に似たデザインに

Macお宝鑑定団は、iPhone 8が『iPhone 4』や『iPhone 4s』のように金属フレームをガラス板で挟んだ形になる、と改めて報じています。


iPhone 4との違いは、ガラス板の縁が『iPhone 6』のように丸みを帯びていること。この形をしたガラスは「2.5Dガラス」と呼ばれています。


フレームはステンレススチール製で、Apple Watchに使われているものと同じように研磨加工が施されているそうです。

指紋を読み取るTouch IDセンサーが画面に組み込まれているかは確認できていない、としています。

一方で、iPhone 8は初代iPhoneに似たデザインになるとか、Touch IDセンサーは背面に搭載するといった噂もあります。
iPhone 8のボディは全てガラス製、デザインは初代iPhone似か
→ iPhone 8の図面が流出、Touch IDは◯◯に搭載

iPhone 8のiSightカメラが縦になる理由

『iPhone 7 Plus』では、iPhoneを縦に持ったときにiSightカメラの2つのレンズは横に並んでいます。


これに対し、iPhone 8のiSightカメラは2つのレンズが縦に並ぶ形になるとしています。

その理由についてMacお宝鑑定団は、仮想現実(VR)向けのコンテンツを撮影できるようにするためではないか、と推測しています。

Macお宝鑑定団のウェブページでは、今回の情報を元に制作されたとみられるCGが公開されています。ぜひご覧ください。

次期iPhone Editionは、ガラス版で挟んだステンレススチール筐体を採用する? | Rumor | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)

参考

次期iPhone Editionは、ガラス版で挟んだステンレススチール筐体を採用する? | Rumor | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)