検索大手・百度はこのほど、人工知能(AI)顔認証技術を利用し、行方不明の児童を初めて発見したと発表した。DNA鑑定により、両親と子供の血縁関係が確認された。北京晨報が伝えた。

付貴さんは1984年11月16日に重慶市で生まれ、今年で33歳。1990年10月16日に行方不明となってから、約27年間にわたりその行方がわからないままだった。

父の付光友さんと家族は、約27年間わが子を探し続けたが、いい知らせが届くことは無かった。また一方で付貴さん自身も、生みの親を探していた。付貴さんは2009年9月、尋ね人サイト「宝貝回家網」で「胡奎」という名前で、自分が誘拐された情報を登録した。

百度と同サイトは今年3月に事業提携し、AIによる年齢操作を行った顔認証技術を行方不明の子供の捜査に用いた。尋ね人の6万枚以上の写真データを、百度の年齢操作を行った顔認証システムに登録。子供と両親がアップデートした写真を比較し、初期段階で疑わしき写真30枚を選び出した。付貴さんもその中にいた。

同サイトの職員は「百度側から提供された付貴さんの資料を一目見た時から、この人だと思った。写真が似ているだけでなく、付貴の発音が胡奎に近いからだ」と述べた。4月1日、付貴さんと両親のDNAが合致した。誘拐されてから約27年の月日を経て、付貴さんはついに両親と再会することができた。これは百度AI技術による、尋ね人の初の成功例となった。

百度研究院の林元慶院長は「顔認証に影響する要素は多く、年齢操作を行った認証はさらに難しい。そこで距離計量学習の手段を用い、さらに大量の顔認証データで訓練を行った模型を基礎とし、年齢操作を行ったデータを用い更新を行った。百度の顔認証試験では、200万人の2億枚の写真を練習用のデータとした。現在、公安部とも協力している。一人でも多くの行方不明者が、一日も早く帰宅できるよう協力したい」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/YF)