北高官が会見“制裁解除すれば対話応じる”

写真拡大

 北朝鮮の高官は17日、平壌で会見し、日本が北朝鮮への独自制裁を解除するならば、日本の北朝鮮政策の変更と受け止め、対話に応じる姿勢を示した。

 宋日昊・日朝国交正常化交渉担当大使は17日、平壌で会見し、拉致被害者らの調査を行うことになっていた特別調査委員会について、「もう誰も関心がない、解体された」と改めて主張した上で、次のように述べた。

 宋大使「日朝関係において、日本が独自制裁を解除するなら、北朝鮮への政策変更と受け止める」

 宋大使はこのように述べ、日本側が独自制裁を解除すれば、対話の余地はあるとの考えを示した。宋大使は会見で、帰還事業で北朝鮮に渡り今も帰国していない残留日本人の問題について、人道問題として取り組む姿勢を示していて、残留日本人をめぐる対話をきっかけに、日朝関係を動かしたい思惑もあるとみられる。

 一方、緊迫する北朝鮮情勢では、空母「カール・ビンソン」の派遣など、アメリカの行動を支持する日本をけん制した。

 宋大使「(アメリカに)我々が対抗して火花が飛び交えば、日本も安全ではない」

 宋大使はこのように述べ、情勢がさらに緊迫すれば、日本は巻き添えになると警告した。