「中小企業 社歌動画コンテスト」でグランプリに輝いたクラブン。写真中央が伊澤正信さん(愛称:ジョージ)。右隣りの女性がAKB48のTeam8のメンバーで香川県出身の行天優莉奈さん(撮影:著者、以下同じ)


 3月8日、朝。岡山県倉敷市を拠点に文具・オフィス用品を販売するクラブン(本社倉敷市)の岡山支社で、中小企業向け経営情報サイト「HANJO HANJO」(ハンジョー ハンジョー)が主催する「中小企業 社歌動画コンテスト」の大賞授賞式が行われると聞き、東京から約4時間かけて駆けつけた。

 会場となる大会議室に入って驚いたのは、報道陣の多さだ。地元テレビ局のカメラが5、6台も入っているうえに、地元紙のほか朝日や読売など全国紙の記者の姿もある。

 それもそのはず、一般投票で最も多くの票を集めて大賞を受賞するクラブンの社歌は、ラップ。事前にその動画はチェックしてきたが、そこには実際に職場で働いている社員たちがノリノリで歌い、踊る姿が映像に収められている。

 その社歌動画は「中小企業 社歌動画コンテスト」のオフィシャルサイト上で公開された直後から反響を呼び、全国放送のバラエティ番組で取り上げられたり、新聞で紹介されたりと、何かと話題になっているのだ。

 

 授賞式が始まり、クラブン社長の伊澤正信さん(愛称:ジョージ)に表彰状が授与される。次いでトロフィーを授与したのは、AKB48のTeam8のメンバーで香川県出身の行天優莉奈さんだ。

 こう言っては失礼なのだが、たかが地方の中小企業の社歌の話題である。その授賞式に報道陣が多数訪れ、国民的アイドルグループの1人が授賞式に駆けつけるというのは、どういうことなのか。

 社歌がこれほどの注目を浴びているという事実に、会場の片隅にいた私は圧倒されていた。

 しかも、この物々しい雰囲気の中で「まさかラップで全国コンテストの大賞に選ばれるとは、びっくりギョーテンです!」と、AKB48の行天さんの名字にひっかけてジョークを飛ばすジョージ社長は、ロイヤルブルーのスーツと鮮やかな黄色のネクタイの装いといい、タダ者ではない。

 やがてスーツ姿の男性社員7人が、ジョージ社長、行天さんとともに取材陣の前にずらりと並んだかと思ったら、受賞作品の『社歌ラップ』の実演が始まる。

 「アーユーレディ〜?」「イエ〜〜!」のヒップホップ調のかけ声とともに、スーツ姿の社員たちが軽快なリズムに体を揺らし、手拍子を打ちながら歌いだした。

 時には手のフリをまじえてノリノリで歌う姿に、マスコミ陣も思わず苦笑している。これが今日だけのパフォーマンスというならまだ分かるが、クラブンでは週3回、この社歌を朝礼の時にそろって歌っているというのだ。

 3分ほどの実演を終えた後、報道陣の間には「これが社歌なのか?」というふんわりとした違和感が漂っていた。

 AKB48の行天さんが記者の質問に答えて「社歌って学校の校歌みたいなお堅いものかと思っていたけど、まさかこんなノリノリの曲だとは思いませんでした。社歌のイメージが覆りました」とコメントすると、会場に笑い声が起こる。

 しかし当のジョージ社長は「歌いやすさとラップ調をどうやって両立させるかというところが難しかった。これからもう少し激しいラップにバージョンアップしたい」と少し悔しそうに語るではないか。

 社歌をラップ仕立てにしようと提案したのはジョージ社長本人だったという。それを受けて詞や曲作りほか、音のトラックづくりを担当したのは、アマチュアDJとして活躍する社内の若手社員など7人。プロに頼らずすべて社内で作り上げたという。

 「うちの会社には音楽や映像に詳しい“タレント”が揃っているんです」(ジョージ社長)

 制作期間中は、社長と7人の社員が何度も話し合いながら仕上げていったという。ラップの曲調もさることながら、動画がまた目を引く内容になっている。

 若手からベテラン社員まで次々と登場し、フリを披露する。途中で金髪のカツラ姿で踊る社員の姿も登場するという遊び心満載の映像である。その動画の制作も社内のシステム担当で、動画編集が得意な社員が作り上げた。

 一見、ワルノリのようにも思えるのだが、ジョージ社長は「担当者が『こんな感じなんですけど』と持ってきたのを見て僕も笑いました。いいじゃないかと即、オーケーです」という。

 数ある作品の中で『社歌ラップ』が大賞を受賞したことについて、主催者である「HANJO HANJO」編集長の加藤陽之氏は、「やっぱりラップで社歌を作るという斬新さとインパクトの大きさで、多くの票を集めたのだと思います。動画に実際の社員の方々が出演していることで、そこで働く人の個性や会社の明るさがうかがえるところに、多くの人が親しみを持ち、魅力を感じたのではないでしょうか」と分析する。

 加藤編集長も今回のイベントを通じて、「社歌の話題がこれほど反響を呼ぶとは予想していなかった」と驚きを隠せない様子だ。

 しかも、今回の「社歌動画コンテスト」の応募作品には、クラブンのラップのほか、J-POP調のものから、メタル、パンク、ロック調のものまで、従来の社歌のイメージを覆すような作品が多数エントリーしていたことも、主催者を驚かせていた。今、中小企業の社歌に何が起こっているのだろうか?

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

パナソニック、キッコーマン、ローソン・・・
8年前から名だたる大手企業が社歌作りに動き出した

作家・ジャーナリストの弓狩匡純氏


 今、全国の中小企業の間で、社歌を作ったり、もともとあった社歌をリニューアルしたりする動きが活発になってきている。なぜ、今、中小企業が社歌作りに取り組んでいるのか。

 独自に社歌に関する取材を重ね、大手企業の社歌を紹介した著作『社歌』もある作家・ジャーナリストの弓狩匡純氏に事情を聞いた。

 「きっかけはおそらく7、8年前から大企業が、それまであった社歌を新しいアレンジに変えたり、新たに社歌を作り直したりする動きが起こってきたことでしょう」(弓狩氏)

 その口火を切ったのは、パナソニックだ。同社は古くから社歌を作っていて、時代の節目にリニューアルしてきたことで知られる。

 2008年に松下電器産業からパナソニックへと社名が変わるタイミングに合わせて新しい社歌を作った。その曲作りを有名作曲家の久石譲氏に依頼し、マスコミにも発表したことで世間の注目を集めた。

 「それまで社歌というものはあくまで社内のものであって、外に公表するようなものではありませんでした。それをパナソニックは初めてマスコミを通じて世間に公表したんです。これはかつてなかったことでした」(弓狩氏)

 これを機に、2010年にはキッコーマンが秋元康氏に作詞を依頼し、ミュージカル風に仕立てられた新しい社歌『おいしい記憶』を作り、記者発表してたちまち話題になる。その後にはローソンがロックシンガーの布袋寅泰氏に作詞作曲を依頼したロック調の社歌『Heart to Heart』を発表するというふうに、何かと社歌が話題に出てくるようになった。

 こうした流れの中でも、特に注目すべき社歌だと弓狩氏が挙げるのが、2013年にNTTデータが手がけた社歌『NTT DATA One Song - Shine like the sun -』。

 世界各国にグループ企業を抱える同社では、グループ全社員を対象にアンケートを実施し、それをNTTデータの言語解析エンジン「なずきのおと」で解析・集計し、歌詞を作ったことで話題になったのだ。

 「社歌を作るのに、自社製品のアピールと組み合わせたところが斬新でした。社歌を世界に広がる組織を1つにまとめることに活用すると同時に、自社製品の性能も世間にPRした点に社歌の新しい活用法が見られました」(弓狩氏)

 一方、2013年には江崎グリコが、それまであった社歌の「アレンジ」を音楽専門の学校に通う学生を対象に公募し、優秀作に賞金を授与するといったイベントを開催した。社歌を通じて、若者たちを巻き込んだ仕かけも登場したことで話題を呼んだ。

 これ以後、大企業が社歌をリニューアルしたり、アレンジを変えたりする動きが盛んになっていく。

 さらに2012年には「東京バスグループ」の社歌をつんく♂氏が手がけ、2014年には「西原商会」という業務用食品卸の社歌をロックバンドのクレージーケンバンドの横山剣氏が作るなど、J-POP界の有名アーティストが中堅企業の社歌作りに乗り出したことで、一般の人に親しまれやすい存在になっていった。

 そうした動きと並行して、企業の創業ストーリーを描いたテレビドラマや映画などで、組織団結の演出の1つとして社歌を歌いあげるシーンが多く見られるようになったことも、社歌ブームに勢いをつけたようだ。

 「何かと社歌に関する話題が増えるにしたがって、社歌というものが効果的なPRになることを感度の高い中小企業の経営者が気づいたようです」(弓狩氏)

第4次社歌ブームの到来

 弓狩氏によると、社歌がブームになるのは、景気が絶好調の時か、どん底の時かのどちらかだという。

 絶好調の時は忙しい毎日をみんなで力を合わせてがんばろうと結束を高め、どん底の時はみんなで力を出し合って乗り切ろうと勢いをつけるために、社歌が歌われるようになる。

 今、起こっているのは第4次ブームだと弓狩氏は言う。

 第1次は、戦前の昭和恐慌の時代に起こったという。その後、高度成長期に第2次が訪れ、第3次は1980年代のバブル期に訪れた。CI(コーポレートアイデンティティー)の一環で社歌を作る企業が急増したのだ。

 「そして今、長いデフレ時代を経てもなお景気回復が感じられない景気低迷期の中で、第4次ブームが訪れる環境が整ってきた」(弓狩氏)

 それにしても企業側はなぜ、何を目的に、社歌作りに乗り出しているのだろうか。

 「やっぱり組織を1つにまとめる効果を期待しているんでしょう。社会がダイバーシティ(多様性)を進める中で、今、企業の職場には正規社員、非正規社員が混在し、中途入社も多く、女性管理職も次第に増え始めている」

 「また大企業の場合であれば、国籍の違う人も同じ職場で働く。そういう職場では、それぞれの就労観や価値観がバラバラで、組織が1つにまとまりにくい状況がある」(弓狩氏)

 「同じ会社に属していても、今の職場はなかなか一体感を持ちにくい状況があります。コミュニケーションギャップも深刻になっているようです。多様な人が働く職場をなんとか一つの方向に束ねて組織の力を高めるツールとして注目し始めたのでしょう」(弓狩氏)

 もう1つの理由は、止まらない人材流出への対策だと弓狩氏は分析する。

 「3年以内に辞める若手が増えていることが長年問題になっています。また、有能な人が他社に引き抜かれてしまうなど、なかなか社員が定着しにくい状況もあります」

 「企業側としても対策はとっているものの、給料を増やしても、福利厚生を充実させても人材の流出が止まらない。会社に愛着を感じてもらい、ここが自分の居場所と感じてもらえるツールとして、社歌に着目したようです」(弓狩氏)

 社歌にそうした経営課題を解消できる力が、本当にあるのだろうか。

 「やっぱり音楽のチカラは大きいんですよ。そもそも社歌は昔から、有名な作曲家や一流の作詞家が手掛けることが多く、名曲が多い。それをみんなで歌うことで、組織に結束力を生む効果は大きいようです」(弓狩氏)

 ただし、過去の社歌ブームとは違って第4次ブームの特徴は、社歌と動画がセットになっているところだ。

 「社歌に合わせて動画を作成し、自社のブランディングに活用したり、PRの手段に用いたりするなど、社外に発信するツールとして活用され始めているのは、第4次ブームの特徴になっている」と弓狩氏も言う。

 もともとその会社の社員だけで共有するもので、社外に知られるものではなかった社歌が、広く社外に発信するツールに変わってきているのだ。

 「自社のホームページに掲載して、サイトを訪れた人が自由に見られるようにしたり、動画の一般投稿サイトにアップするなどして、社外の人にもアピールするようになっているところが、デジタル化が進むネット社会らしい進化ですね」(弓狩氏)

 試しにYouTubeで「社歌」と検索してみると、数限りなく動画がリストアップされる。ほとんどは大企業が伝統的に保有する社歌にイメージ映像が組み合わされたものだが、それ以外にもいろいろな社歌がアップされている。なるほど社歌はもう動画コンテンツとなって世の中に出回っているようだ。

 「社歌に関する統計は存在しないので明確な数字は出せませんが、おそらく上場企業の半数が社歌を持っていると思います。中小企業も全体の1割程度、数にして数十万社に社歌が存在しているはずです」(弓狩氏)

 ただし、社歌として歌われている割には、これまでの社歌のイメージを覆す曲調のものも多いのだ。全編アニメで構成されていたり、社内イベントで盛り上がる写真スライドで構成されていたりと、従来の堅苦しい社歌とは違った「遊び心」がうかがえる作品が多数、登場している。

 「社歌には決まりごとやルールはありません。基本、社員がよければ、何でもありの世界です。そもそも社歌は、経営陣が作って社員に伝える社是と違って、歌詞を社員から公募するなど、社員が中心となって作られることが多いのです」

 「社員が自由に自分のアイデアで社歌を作る中で、現代風の楽曲やユニークな動画が作られるようになっているようです。言ってみれば、会社公認のエンターテインメントとして、社員が楽しんで腕をふるっているんじゃないでしょうか」(弓狩氏)

 「社是」が"会社のもの"なら、「社歌」は"社員のもの"ということのようだ。そんなふうに中小企業の経営者と社員たちによって手がけられる社歌が音楽の1ジャンルとして、社会的に認知されてきているのだ。では、実際に中小企業はどのような思いを込めて、どのような効果を期待して社歌作りに取り組んでいるのだろうか。

 記者発表が終わり、報道陣の囲みの取材も終わった頃、クラブンのジョージ社長に社歌作りによせる思いをうかがう時間をもらった。

トークセッションでのAKB48行天さん


社会の激しい変化に合わせて会社も変わるため、
誰もやっていないラップに着目

 クラブンが社歌を作ったのは40年前に遡る。創業者でジョージ社長の実父が経営を切り盛りしていた時期に、新しもの好きだったという先代が社歌を作ろうと社内で公募した。

 当時、ジョージ社長は日本を代表する大企業に勤めていたが、試しに出品した曲『燃えよクラブンズ』が採用され、以来、40年間にわたり週3回、朝礼の時に歌われてきたという。

 ところが一昨年の夏に、ジョージ社長自身が長年、慣れ親しんだ社歌を突然、変えることを決意する。「それはまるで啓示のようなものだった」とジョージ社長は言う。

 「特に何か社歌を変える理由があったわけでもなく、本当に私の感覚でしたね。後になって冷静に分析してみれば、やっぱり世の中が大きく変わっているということでしょう」

 「うちの会社で扱っている商品も大きく変わっています。物の買い方、買われ方も、商品の作り方、作られ方も日々変わっている。会社も常に変化しなければならないという気持ちが大きかったように思います」(ジョージ社長)

 ジョージ社長は「変えるならラップしかないと思いました」と言うのだが、なぜ社歌に似つかわしくないラップだったのか。社長の趣味なのだろうか。

 「私は音楽が好きで、社内の部活動の一環で社員と一緒にバンドもやっていますが、特にラップが好きというわけではないんですよ。しいて言えば、世の中を見渡して、若い人たちの音楽にラップの要素がよく取り入れられていることは頭にあったと思います」

 「もともとうちの会社は、他でやらないことをやるのが伝統でもありますから、“社歌でラップ、いいじゃないか!”と思ったんです」(ジョージ社長)

 前述したとおり、実際の社歌作りは社員に任せた。趣味でバンドをしている人や、アマチュアでDJとして活躍している社員ら7人を社長が選び、彼らに「社歌をラップにしてみないか」と呼びかけたのが始まりだった。

 「ラップと聞いた時は彼らもビックリしたと思います。この人、何言っているんだ?と間違いなく思ったでしょう(笑)。でも彼らには絶対できると思っていました」(ジョージ社長)

 そこから7人の「社歌ラップ隊」を中心に社歌作りが始まった。形としてはトップ主導の社内プロジェクトではあるが、実際は社内サークル活動といったような趣で進められていったという。

 「基本的に音楽好きなメンバーですから、楽しんでやってくれたと思いますよ。定期的にこの社長室にみんなで集まっては、メロディーや歌詞をみんなで話して、これがいいとかもうちょっとこうしようと、私も一緒に参加してわいわいやっていました」(ジョージ社長)

 いざ曲の制作が始まると、担当者たちは何度も県北にある社長の別荘に集まり、泊まり込みで作業を進めた。

 その別荘は雲海が見える絶好のロケーションで、曲作りに集中するのにいいからと、「社歌ラップ隊」のメンバーから要請があったという。そこに機材を持ち込んで泊まり込みで作業が進められた。

 およそ半年をかけて、ラップの社歌が完成。それを昨年の新年会で披露したとき、社員たちは唖然としていたという。

 それはそうだろう。若い人ならまだしも、中堅以上の社員には違和感があったに違いない。しかし1年が過ぎた今は、「当然のようにみんなが手拍子で歌うようになりました」とジョージ社長は笑う。

軽いノリの裏に込められている、真剣な思い

 それにしても、21世紀に入ってから、社歌を歌う企業はめっきり減っていく中で、なぜクラブンでは今まで歌い続けてきたのか。

 「まず、朝から声を出すことで、発声練習になりますよ。声を出すと元気になります。うちはサービス業ですから、接客にあたる人間も多い。まず声を出すことで元気よく明るい気持ちになるスイッチになります」(ジョージ社長)

 「もう1つは、組織に一体感が生まれるということです。これが一番大事なのです。私はいつも、一体感と主体性がある組織は強いと言っています。みんなで社歌を歌うことは、一体感をつくるうえで間違いなく効果があります」(ジョージ社長)

 実際の社歌づくりでは、ラップの曲調の軽快さを保ちながらも社員全員が歌えるものに仕上げるところが難しかったというが、もう1つ、ラップのリズムにうまく会社の思いを乗せるための詞にも苦労があった。

 「ラップ隊が、私が普段から社員に何度となく話していることをうまく詞にまとめてくれました」(ジョージ社長)

 この詞には、ジョージ社長が経営者として社員たちに伝えたいことがすべて詰まっているという。ちょっと行数を使ってしまうが、歌詞をすべて綴ることにする。

『社歌ラップ:歌詞

アイ!溢れる世の中を
ラブ!目指してハツラツと
ユー!聞こえるあなたの声
行くよそこへ ひとっ飛びで
willとskill 磨き切る
求める 掴み取る thrill
目指す頂上 気分上々
S(素直)・K(謙虚)・K(感謝)!
燃えよ クラブンズ
燃えよ クラブンズ
我らの未来は すぐそこに
Here We Go!

 「『SKK』とは、素直・謙虚・感謝のこと。人として大切な姿勢ですね。willは心構え、skillは業務上必要な力、そしてもう1つ大事なのがthrill、つまり冒険心。仕事はやってみないと分からないことがたくさんあるでしょう。そういう時に一歩踏み出す勇気が大切なんです。どれも私が普段からよく言っていることです」(ジョージ社長)

 ちなみに、サビの「燃えよ〜」からのフレーズは、40年前からある社歌を、曲、詞ともにそのまま持ってきている。まさに「革新と伝統」を両立させた社歌なのだ。

 「社歌というのは、お経を唱えるのと同じで、繰り返し歌うことで、社員一人ひとりの心の中に浸透していく効果があると思いますよ」(ジョージ社長)

 そう聞いて改めて歌詞を見れば、遊び感覚の中に会社の未来を作るための情熱がしっかりと刻み込まれている。

 「中小企業は日々、生き残りをかけて戦っています。未来に生き残るには、みんなが結束して、主体的に取り組んでいく組織を作る必要がある」

 「しかし一方で、仕事は面白くないとダメですよ。働くことが苦しいようではいい仕事はできません。社員にとって面白いことができる会社にしたい。だから社歌もノリノリがいいんです」(ジョージ社長)

 社歌作りに関しては、「作るプロセスが一番大事」だというのがジョージ社長の持論だ。

 「社員が自分たちの手で作るから、組織に主体性が生まれるし、他の社員も、自分たちの歌だと感じられるんです。実際、曲作りの過程で、チームの結束力が高まったと思います」

 「プロに頼もうと思えばできますよ。お金をけちったわけじゃありません。最初から社歌は社員たちに楽しんで作ってもらいたいと思っていました」(ジョージ社長)

 当初、社歌をブランディングやPRに活用する予定はなかったが、注目されたことで意外な効果もあったという。

 「今回、コンテストで優勝をいただいたことで、結果的に多数のメディアに取り上げられて、全国にこんな会社があることを知ってもらえたことはありがたかったですね。社歌を見た山梨県の学生さんからインターンで働かせてほしいという申し込みもきました」

 「県外の、しかも関東の学生さんからそういう申し出をもらったのは初めてのことで驚いています。ただ、大切なのは社歌で培った結束力を、社業に生かすということ。それが私の役割だと思っています」(ジョージ社長)

 クラブンは昨年まで6期連続で増収を遂げており、今年度も記録を更新する見込みだ。ただ本業の好調さに浮かれて社歌を作ったのではない。世の中が激しく変化する中で、さらに組織の結束力を高めて「目指す頂上」に向かう基盤づくりとして、社歌を手がけていたのだ。

 インタビューを終えた後、テレビを見ていたら、さっそく夕方のニュースで、先ほどの授賞式の模様が紹介されていた。社歌の話題は地元をこれほど盛り上げるのだと肌で感じた。

(つづく)

筆者:大島 七々三