前回の原稿を書いている最中の4月13日、米国はアフガニスタンで大規模爆風爆弾「MOAB」を用いた空爆攻撃が実施され、IS(イスラム国)兵士36人が掃討されたとの報道がありました。

 ハーミド・カルザイ前アフガニスタン大統領は直ちにこれをツイッターで激しく非難、アフガニスタンの土地と人民を実験台にした新兵器の試用であると抗議します。

 4月7日のシリア攻撃、そして1週間後13日のアフガン、米国としては「世界の警察官」復帰のキャンペーンが着々と進み、そのままの勢いで北朝鮮、東アジアエリアに飛び火しないことをただただ祈るばかりです。

 ここで、シリアについて1点確認しておくと、今のタイミングでバッシャール・アル=アサド政権に化学兵器を行使するメリットは何一つありません。

 私は13日に赤坂のシリア大使館でワリフ・ハラビ大使と3時間ほど別件で打ち合わせを行いましたが、そこでも再々強調され、その通りだとしか言いようがありませんでした。

 2013年の化学兵器禁止条約への加盟、国内施設の破壊と関連兵器の引渡しなど、平和カードを切って外交を進める中で発生・拡大してきたISシリア紛争にあって、国際世論を敵に回す化学兵器空爆がシリア・アラブ共和国にとってプラスになることはほとんどありません。

 もちろん、私もアサド政権へ肩入れなど全くしていません。

 「シリアはこのタイミングで化学兵器を持っている」というシグナルを発したかったのではないか、という観測にもならない「評論家」の意見を目にしました。

 しかし、「武器を持っている」というカードを誇示したかったのは、アフガンでそれを実戦試用した米軍側で、語るに落ちるというか、問わず語りに自分自身を説明してしまう例があるものだ、とあきれざるを得ませんでした。

 「ヘイト」という感情は、悪者を殲滅しても「正義」であるという爽やかな印象を残しがちです。それが非常に危うい。

 3月末から急にきな臭くなってきた世界情勢は、米国内で拙劣な政権が失敗を重ねてきたことと期を一にしています。

 あえて因果性などには言及しませんが、ほんの2日ほど前まで「現地民族自決」と言っていたのが、手のひらをひっくり返して世界の警察官再登板というのは、明らかに中東にある理由からではなく、別のご都合があまりにも丸見えです。

 くれぐれも東アジア情勢については、冷静な観点を見失わないことが重要です。

 ヘイトで目を曇らせれば、簡単にどんな残虐でも正義に粉飾できます。ということで前々回、1885年に李氏朝鮮の首都・京城で発生した「甲申事変」を紹介しました。

 クーデターが3日で鎮圧され、反乱関係者が極めて残虐な方法で処刑され、これが国内に報じられて中国朝鮮半島に対する「ヘイト」の一因となった。

 再び、ここに戻ってみましょう。

 謀反人とされた当人のみならず、その両親や祖父母、子供や孫、全く罪のない幼児まで、長く生かし苦しめて殺害する処刑のあり方に、叛徒側となった朝鮮開化党の金玉均らを支援していた福澤諭吉は大いに憤り、自ら社説を記していた「時事新報」に『脱亜論』を掲載したのでした。

 その翌月、日本と清朝は「天津条約」を結んで両国とも朝鮮半島から撤収することで合意します。

 今回は、現在に至る朝鮮半島や中国に対する「ヘイト」の1つの源流とも見なされる、この福澤「脱亜論」の確認から始めてみたいと思います。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

条約改正の前提条件:法治国家のフレームワーク

 最近ではネットでも取り上げられるようになったという「脱亜論」で、ポイントとされる部分の原文を引用してみましょう。

例ヘバ支那朝鮮ノ政府ガ古風ノ專制ニシテ法律ノ恃ム可キモノアラザレバ西洋ノ人ハ日本モ亦無法律ノ國カト疑ヒ、支那朝鮮ノ士人ガ惑溺深クシテ科學ノ何モノタルヲ知ラザレバ西洋ノ學者ハ日本モ亦陰陽五行ノ國カト思ヒ、支那人ガ卑屈ニシテ耻ヲ知ラザレバ日本人ノ義?モ之ガタメニ掩ハレ、朝鮮國ニ人ヲ刑スルノ慘酷ナルアレバ日本人モ亦共ニ無情ナルカト推量セラルヽガ如キ是等ノ事例ヲ計レバ枚擧ニ遑アラズ

「例えば、シナや朝鮮の政府が古臭い専制体制で、頼りになる憲法のような法治の体系をもっていないのを見て、西洋の人は日本もまた無法律の未開国かと疑い、シナや朝鮮の人士が迷信ばかりを信じ込んで科学の何たるかを知らないのを見て、西洋の学者は『日本もまた根拠のない陰陽五行説を報じる後進国か!』と思い、シナの人間が一見すると卑屈な姿勢をとりながら恥知らずな行動を取るのを見て日本人が持つ東洋の美風である義侠心もこんなもののために覆い隠されてしまい、朝鮮国での死刑執行が残酷極まりないのを見て日本人もまた朝鮮同様無情なのか、と推量されてしまう、といった具合で、こうした事例を考えれば枚挙の暇がないだろう」

 「脱亜論」が書かれた1885年時点では、いまだ日本に大日本帝国憲法はなく、現実問題として「日本もまた無法律の国」と西欧列強から見なされていました。

 そんな国で自国民が裁判にかけられようものなら、証拠も何もなしに、お代官さまお奉行さまの先入観と独断偏見でどんな残酷な死刑を科せられるともしれない、だから「領事裁判権」を手放すことはないよ・・・というのが不平等条約の一大ポイントにほかなりません。

 これは刑事訴訟に限られず、民事、例えば輸入関税の税率設定なども、無法な野蛮国に任せておいたらどんな滅茶苦茶を働くとも知れない。だから関税自主権なぞは与えないよ、というのがもう1つのポイント。

 日本が西欧列強に伍して大国となっていくためには、こうした封建遺制を全廃し、近代的な政府を樹立するしか現実的な方法がなかったというのが、こうしたところからよく分かると思います。

 科学についてはさらに如実でしょう。日本は維新からほんの30年ほど、まる一世代で、まず、少なくとも理論物理のような分野、つまり紙と鉛筆と頭脳さえあれば世界のどこでも達成できる専門で、世界最先端レベルに到達します。

 長岡半太郎の水素原子モデルを想起されれば納得がいくでしょう。また留学先の海外では、北里柴三郎の先駆業績(破傷風菌の純粋培養〔1889〕や血清療法の確立〔1890〕がその能力を如実に示しています。

 北里は脱亜論が記された1885年にベルリン留学、破傷風菌は大日本帝国憲法が発布された1889年。血清療法は教育勅語や「宝蔵院流槍術」を取り入れた「日本式銃剣術」が制定されたのと同じ1890年の仕事であるのは皮肉な一致かもしれません。

 そして、もろもろ悪名高い「支那人ガ卑屈ニシテ耻ヲ知ラザレバ」のくだり、正確に何をもって福澤が中国人を卑屈、恥知らずと言ったのかは特定できません。

 しかし、直前の甲申事変で袁世凱率いる清朝軍閥が竹添進一郎公使が日本公使館を攻撃、日本人居留民も多数殺害されながら、和平交渉では非を認めず、そうした行動も念頭において記している可能性があるでしょう。

 さらに「朝鮮國ニ人ヲ刑スルノ慘酷ナルアレバ」は明白に「甲申事変」後の謀反人への処刑を指すもので、実際、国事犯の親族とされれば無実の女性や子供も容赦なく残酷な方法で公開処刑されており、これについては疑う余地がありません。

 私はしばしば「日本もほんの150年前までは首刈り族だったんだから」といった表現を使い、ネット上SNSなどに記すと感情的な反発を示す通りすがりの方もいます。

 しかし、江戸幕府時代の日本の刑罰は中国朝鮮のそれと大差なく、欧米列強はそれをもって「不平等条約」押しつけの大義名分としたのは事実でしょう。

 ではそういう欧米がどうだったかと目を転じれば「瞬時で首が切り落とせ、痛みが少なく人道的な刑具」としてフランス革命のさなかにギロチンが考案され〔1792〕、1981年に廃止されるまで膨大な数の人間の頭を撥ねており、野蛮さにおいては大差ないものと言わざるを得ません。

 要するに、欧米が先進的で植民地は遅れているという、欧州優位主義、ユーロセントリズムと言うほかなく、植民地支配のための方便と捉えるのが今日では合理的だと思います。

 「こんな遅れた専制政治で民衆が苦しめられるくらいなら、進んだ欧州の法律で民主的に裁かれる植民地の方が幸せではないか?」

 といった議論がまかり通り、実際、日清戦争の端緒も、朝鮮民衆を苦しめている清の圧制に大日本帝国が義侠心をもって挙兵する、といったストーリーで正当化されました。

 しかし、その先日本が朝鮮半島や中国にどのような政治行動を取ったか、それらは「義侠心」などという言葉で表現できる代物でしょうか。歴史は事実をもって答えるのみでありましょう。

天皇名代の酒乱強姦事件

 甲申事変後の日清間での和平交渉は「天津条約」にまとめられ、その締結に当たって日本からは明治天皇の名代として、薩摩軍閥の総帥、黒田清隆が派遣され、北京を訪れます。

 時の駐北京大日本帝国公使は榎本武揚、箱館戦争以来の盟友である榎本・黒田は北京の町を飲み歩き、連日随所で乱痴気騒ぎ。この「乱痴気」ぶりは「乱交」の側面も持っていたようで、お供の外交官たちは大変な目に遭いました。

 黒田清隆は、箱館で戦った榎本武揚を傑物と見るや、自ら頭を丸めて榎本や大鳥圭介らの助命運動に奔走するなど、大変男気のある人物でもありました。

 と同時に、別の男気もあったようで、北京から巡回してきた上海でも連日連夜の深酒と乱痴気騒ぎ、この中で、逗留していたフランス・ホテルで中国人ボーイを強姦、証拠の下着などを押さえられてしまいます。

 フランス・ホテルのマネジャーが訴訟を起こすと連絡を寄越し、あわや日清間の国交にも影響を及ぼしかねない大スキャンダルに発展かけます。

 黒田にとっては別段珍しいことではなかったようで、泣きながら出て行った中国人少年に一定の金銭を渡して済んだことにしていたようです。

 しかし、フランス・ホテル側は証拠を押さえ、またもう1人の少年がベッド脇で一部始終を見ていたとのことで、これを新聞に発表し、「国際問題として訴える」と通告してきたのでした。

 これには百戦錬磨の黒田も完全に参ってしまい、しょげているのを、辣腕の外交官、幕臣として負けも経験して練れた大人の安藤太郎が「抱腹絶倒の椿事」として笑い飛ばして励まし、相応の金額を裏で捻出し内々に収めてことなきを得ました。

 酒の上での妄念でも、ちょっとしたことで何が起きるか分からない。安藤もそう思ったのでしょう。

 また安藤の細君、文子夫人は「お酒が入れば貴方だって同じことになりかねません!」と手厳しく、これが最終的にハワイでの安藤や藤田敏郎たちの「キリスト教入信+禁酒」に繋がることになります。

 ここで本論と外れますが、少しだけ、普段感じている「違和感」に触れておきたいと思います。

 元から酒乱で知られた黒田清隆は、あろうことか天皇の名代で中国人少年を強姦してしまうわけですが、黒田は今日で言うところの「LGBT」と考えるべきなのでしょうか?

 薩摩には幕藩体制期から「郷中(ごじゅう)」教育と呼ばれる独特の人材育成システムが存在しました。ここでは

     6、7歳〜10歳を小稚児(こちご)
     11〜15、16歳を長稚児(おせちご)
     15、16〜25、26歳を二才(にせ)
     それより年長の妻帯者を長老(おせんし)

 と呼び、思春期から青年期にかけて若い郷士が実質的に共同生活を送り、西郷隆盛や黒田清隆など、幕末維新で活躍した薩摩藩士は、一人の例外もなくそのような環境で育ちました。

 薩摩藩士出身で海軍軍人、海軍大臣時代にいわゆる「蛮勇演説」で問題を起こした樺山資紀の孫で、随筆家として知られた白洲正子は、この「郷中」での男色について粒さに語っています。ご興味の方は「両性具有の美」ほか、白州の遺著をご参照いただければと思います。

 ここで私が指摘したいのは性が社会習俗であるという点にほかなりません。

 ある時期までに薩摩に郷士として生まれれば、例外なく郷中で教育を受け、100%男色が当たり前の社会で育ち人となりを養っています。

 大久保利通、大山巌、白州正子の母方の祖父である川村純義、デフレで知られる松方正義、美男で知られた東郷平八郎、民衆運動弾圧で知られた三島通庸・・・これら薩摩出身の人物で、上記の例外にあたる者など1人もありません。

 「LGBT」という表現が私はどうも苦手で、最近は「里親」のニュースが報じられましたが、関連の話題も正直相当微妙に感じます。音楽の世界にはあらゆる形態のカップルがあり、別段そんなことはどうでもよい。

 私が気持ち悪いのは「あの人たちは、母胎内にいるときナントカホルモンの分泌がどーたらこーたら」といった、サイエンスのごとき装いを持って「別の生き物」として語られるかのごとき風潮にあります。

 だったら、何ですか、薩摩藩というのは300年以上にわたって、そういう特殊な身体を持った人だけによって構成されていたことになるのでしょうか?

 ドイツの大学と長く仕事し、学術外交も一部担当しているため、「ナチス優生学」の過ちに懲りている欧州知識人はまずもって「特殊な身体」論を採用しません。

 黒田清隆が上海で狼藉に及んだ最大の問題は、給仕を「強姦」した点にあり、被害者がボーイであるか、女性であったかというのは問題になりません。

 ともあれ、とんだレイプ事件をなんとか暗黙裡に収拾した「しくじり外交官」幕臣出身の安藤太郎氏は、この功績をもって、ということではないでしょうけれど、同年ハワイ総領事に栄転しました。

 帝国憲法の発布や日清戦争前の大日本帝国太平洋政策の焦点、ホノルルに着任して、現地で「クリスチャン+禁酒」という人生の第2フェーズに突入、甲申事変収拾の天津条約締結直後の眼差しで、ハワイ王国を容赦なく丸裸にし属国〜併合してしまう米国の貪婪な「銃剣外交」を目撃、つぶさに東京へと打電し続けることになるのです。

(つづく)

筆者:伊東 乾