2017年春夏の新商品「ポーター ディライト」シリーズ

写真拡大

 新年度を迎え、オフィス街には真新しいスーツに身を包んだフレッシャーズの姿が目につくようになった。そんな姿を見て、社会人生活が長くなった人も、かつての自分と重ね合わせたりするかもしれない。

 人事異動や転勤もある4月は、1月と並んで気持ちを新たにする時期でもある。この機会にカバンを買い替える人も多く、カバンの売れゆきは12月、4月、3月の順に多いという。

 そこで今回は、今どきのカバン選びについて考察したい。指南してもらったのはビジネスパーソンに人気の高い「吉田カバン」。正式な社名は株式会社吉田(正式表記は「吉」の上の部分が「土」)といい、創業82年を迎えた老舗だ。同社の近年の業績は右肩上がりとなっており、2016年5月期は過去最高の約230万本のカバンを出荷したという。

●カバンに求められる「役割」

 まずは、カバンに何を入れるかを検討したい。人によって異なるが、たとえば財布や定期入れ、モバイル機器、資料ファイルなどは必ず携行する人も多いだろう。それ以外に、図書を入れる人もいれば、突然の天候変化に合わせて折り畳み傘を常備したり、夏場が近づくと熱中症対策でペットボトル飲料も必携となってくる。昔に比べると、荷物が増えているといえる。

 どんなカバンを選ぶかは個人の好みだが、吉田カバンには製作哲学がある。

「当社の開発理念は、腕利きのカバン職人だった創業者・吉田吉蔵の考えである『カバンは物を運ぶ道具でなければならない』というのが基本にあります。そのため、デザイン性だけの意味のないポケットなどはつけません」と、同社広報部兼プロダクトマーケティング部マネージャーの阿部貴弘氏は話し、こう続ける。

「お客さまが吉田カバンに求める機能としては、たとえばノートパソコンやタブレット端末がきちんと収納できるかを気にする人が多いです。少し前は重要なデータの流出を防ぐため、パソコンなどを持ち出し禁止にした会社もありましたが、オフィスを離れても仕事ができる利便性は無視できず、緩和されてきたように感じます」

 スマートフォン(スマホ)1台でほとんどのことができる時代とはいえ、紛失リスクや画面の見やすさの巧拙もあり、すべてスマホで済ませるわけにはいかない。また、前述した気候変動や夏の高温化もある。昔から、雨の多い北陸地方や山陰地方では傘が必需品といわれ「弁当忘れても傘忘れるな」という格言があるが、いまや全国各地で傘が手放せない日が増えたように思う。

 そうなると、カバンに求められるのは、カバン自体の軽さや防水性、そして男性用では収納箇所や間仕切りの多さだ。たとえば、吉田カバンのロングセラーブランドに「タンカー」シリーズがある。1983年に同社の看板ブランド「ポーター(PORTER)」の1シリーズとして発売されたカバンで、持ってみると大変軽い。もともと、米空軍が使用していたフライトジャケット「MA-1」をモチーフにした、中綿入りで弾力性に富む生地が使われている。現在は、シリーズ全体で年間約30万本を生産する大ベストセラーだ。

 このカバンが人気となって以来、カバンの主流が変わったという声もある。たとえば、昭和時代は革カバンが人気だった。昔のカバンは、旅行や帰省など特別な時に使うことが多く、見た目やステータスを重視する一面もあったからだ。現在のカバンの多くは、通勤時など普段使いで利用し、革よりも軽い布製が主流になっている。

●使い勝手としての「ストレスの少なさ」

 先ほど「男性の場合は収納箇所の多さ」と記したのは、男性と女性では小物の入れ方が異なる場合も多いからだ。たとえば財布は、男性はカバンのポケットに収納する人が多いが、女性はカバンの中に平らに置き、上からハンカチなどを置く人もいる。

 新社会人の場合は、学生時代とは荷物の中身も変わるだろう。そうした荷物の使い勝手の良さは人によって異なり、使ううちに気づくことも多いが、ストレスの少なさも考えたい。

「たとえば、一般的な金属製ファスナーは、向きによって開けにくくストレスがかかる時もあります。また、定期入れや名刺入れを収納するポケット口元のステッチ(縫い目)に、出し入れ時にひっかかることもある。混雑する駅で改札が近づいて定期入れを出そうとしてひっかかると、気持ちがあせると思います。それを避けるために当社のカバンには、ファスナーのエレメント(務歯)を一つひとつ研磨して滑りをよくし、開け閉めの際にストレスの少ない高級ファスナーのエクセラを使用したり、ポケットの口元にステッチをかけないタイプもあります。ただしステッチを省いても、強度の維持は意識しています」(同)

 すべてのカバンを国内の職人が手づくりで行う吉田カバンは、新商品を製作する場合、同社の社員デザイナーが企画し、協力工房の熟練職人が裁断・製作を行い「ファーストサンプル」を仕上げる。これを実際の使い勝手の面から検証して「セカンドサンプル」や「サードサンプル」と改良していき、合格した製品が「新商品」として市場に出されるのが一般的だ。「サンプルテスト」と呼ばれる検証段階では、たとえば出張に行く社員にそのカバンを持って行ってもらうという。

「その場合も、たとえば電車移動する人を選び、実際の使い勝手を検証しています。もし、『車内で座った場合にヒザの上に置いたら、少し大きかった』という意見があれば、それを反映して細かく修正していくのです」(同)

 モノを運ぶ道具としての「ストレス」は、自分の使い勝手だけでなく、混雑する車内で周囲の人に圧迫感を与えないかなども考えているようだ。

●人生の一部を過ごす“仲間”としてのカバン

 以前の記事でも紹介したが、最近はスーツ姿でリュックを背負って通勤する人が増えた。

「丸みを帯びた形だけなく、四角いタイプのリュックも増えました。書類が曲がらずにきちんと入るという長所が大きいと思いますし、カジュアルさが薄まるのも人気の理由だと思います。この傾向は今後も続きそうです。両手が自由になる利便性があり、たとえば急な雨で傘を差す場合でもストレスが少ないのではないでしょうか」(同)

 ちなみにカバンの売れ筋の色は、男性では「ブラック」が圧倒的だが、吉田カバンには遠目には黒に見えても、近くで見ると微妙な色合いになっていたり、迷彩柄を用いたデザインもある。女性用には「ポーターガール」というレディースラインで訴求しており、色はブラック、ネイビー、グレーが売れ筋の色だという。このほかの展開色には柔らかいイメージのベージュやピンクもあり、差別化を求める人には人気のようだ。

 こうして考えると、入れる荷物、使い勝手、軽さ、丈夫さ、デザイン性などの視点で選ぶのがよいが、価格の問題もある。値段についてはその人の予算次第だが、すぐに壊れて「安かろう悪かろう」にならないよう、ショルダー部分の強度を確認するなど事前チェックもしたい。そこから先はカバンに対する思い入れによっても異なる。

 筆者の仕事仲間のなかには、若手社員時代から吉田カバンを愛用しており、何回も買い替え続けた50代の男性もいる。筆者はそこまでの愛好家ではないが、1990年代に毎日のように愛用したポーターの限定シリーズを今でも保管している。吉田カバンは自社商品の修理に応じることでも知られているが、なかにはボロボロになったカバンの修理依頼もある。人生の一部を一緒に過ごした“仲間”としてのカバンに愛着を持つ人は多いのだ。

 そうした視点で考えれば、経年変化でも味わいが出そうなカバンを選ぶのもひとつの方法かもしれない。
(文=高井尚之/経済ジャーナリスト・経営コンサルタント)

高井 尚之(たかい・なおゆき/経済ジャーナリスト・経営コンサルタント)
1962年生まれ。(株)日本実業出版社の編集者、花王(株)情報作成部・企画ライターを経て2004年から現職。出版社とメーカーでの組織人経験を生かし、大企業・中小企業の経営者や幹部の取材をし続ける。足で稼いだ企業事例の分析は、講演・セミナーでも好評を博す。最新刊は『なぜ、コメダ珈琲店はいつも行列なのか?』(プレジデント社)。これ以外に『カフェと日本人』(講談社現代新書)、『「解」は己の中にあり』(講談社)など、著書多数。
E-Mail:takai.n.k2@gmail.com

(『吉田基準』アマゾンリンク)http://amzn.asia/jet9saR