エマ・ワトソンが挨拶「まいど!エマやで!」

写真拡大

映画「美女と野獣」の大阪プレミアが4月17日、フェスティバルホールで開催され、プレミアム吹替版キャストの昆夏美(ベル役)、山崎育三郎(野獣役)、藤井隆(ル・フウ役)の3人が登場。ベルを演じたエマ・ワトソンから特別なメッセージが届いた。

エマはまず、「まいど!エマやで!」と挨拶。そして「4月21日の公開を楽しみにしててね。私のお気に入りはボールルームのシーン。ベルと野獣があの名曲――“美女と野獣”で踊るの。観てな!」と、最後も関西弁で締めくくった。

そんなエマに触発され、会場は一気に関西弁ムードに。藤井が昆と山崎に関西弁でのトークを振ると「あんな〜うちな〜『美女と野獣』めっちゃ好きやねん!」という昆の関西弁に続き、山崎は「自分ら、映画楽しんでな〜」と同じく関西弁でメッセージを送り、会場は笑いに包まれた。

映画「美女と野獣」は4月21日より全国ロードショー。