16日、韓国大統領選の国民の党・安哲秀候補の一風変わったポスターがインターネット上で話題になっている。写真は大統領選候補者の支持率を伝える韓国報道。

写真拡大

2017年4月16日、韓国大統領選の国民の党・安哲秀(アン・チョルス)候補の一風変わったポスターがインターネット上で話題になっている。韓国・国民日報などが伝えた。

安候補は同日、マスコミに対して大統領選用の選挙ポスターを公開・配布した。ポスターには、両手を高く上げた安候補が「国民が勝つ」と書かれたたすきを掛けた姿で写っている。選挙ポスターといえば候補者番号(安氏は3番)と候補者氏名が全面に押し出されたものが通常で、今回出馬した他候補のポスターは皆「従来型」だが、安氏のポスターにある大きな「3安哲秀」の文字は「背景」のような扱いでピントがずれたようにぼんやりとしている。また、ポスターのどこにも「国民の党」という文字はみられず、たすきに同党のロゴマークが描かれているだけだ。

これを受け、ネットユーザーらは「独創的。気に入った」「無駄遣いもしてなさそうだし、いいと思う」「(両手を上げた安氏の姿勢がVの字に見えることから)勝利のVサインってことかな?斬新」と肯定的なコメントがある一方で、「未完成なポスターのようだけど?」「なんだか無所属みたいに見える」「本人が党をつくったのに党名がないのはおかしい」「まさか(ポスターの)デザイナーがアンチとか?」と否定的なコメントも寄せられている。

中には、「名前も若干削られてるし、何か意図があるんじゃない?」「国民の党のイメージを隠し、安哲秀を際立たせる戦略ポスター。予想外に若者層には受けるかもしれないけど、問題は支持層が高齢層だということ」「安哲秀側の戦略。並べられたポスターを見ると安哲秀のしか目に入らない」と戦略を指摘するコメントも多々みられた。(翻訳・編集/松村)